HOME > 事業概要

事業概要

「大学コンソーシアム長崎」は、
長崎県内にある8大学、2短期大学、1高等専門学校が協力して、県内高等教育機関の教育及び研究の充実を図ることにより、地域の行政や産業界と連携しながら地域社会の教育・文化の向上及び発展に貢献することを目的に開設されました。

「長崎発グローバル人材育成プログラム(GP)」は、
県内の大学・短期大学等が連携し、留学生と日本人学生が共に学ぶ(共修)・共に協力し活動する(協働)・様々なイベント等を学生自らが企画運営しつながり合う活動(通称:GETプログラム ( Global Entertainment Training ) )を行っています。
地域を舞台として、様々な国や大学等の学生がつながり合い切磋琢磨しながら、そして楽しみながら、グローバル社会で、またそれぞれの地域で活躍できる人材としての基礎を培うことを目的としています。

Overview

The Consortium of Universities in Nagasaki is a consortium between eight universities, two junior colleges, and one college of technology. It was established to contribute to the improvement and advancement of education and culture in the community in partnership with local government and industry by enriching education and research at institutions of higher education in Nagasaki Prefecture.

The Nagasaki Glocal Alliance Project (GP) is an initiative carried out between universities and colleges in the prefecture. Its activities consist of “collaboration courses” where international and Japanese students study together, volunteer work, and the GET Program (“Global Entertainment Training”)—a program in which students plan and run a wide range of events and activities. The purpose of GP is for students of different countries and schools to interact, have fun, and engage in friendly competition with each other in the local community, and build a foundation of people who can play an active role both locally and globally.

活動内容

長崎発グローカル人材育成プログラム(GP)では、以下のような活動を主に行っています。

  • 共修(共に学ぶ)
    NICEキャンパス長崎の単位互換制度
  • 協働(ボランティア)
    学生自主企画によるものと地域からの依頼による各種ボランティアなど
  • GET(学生企画イベント)
    GETプレゼンテーション大会、出張!オープンキャンパス、グローカルトーク、カフェトーク、留学生Welcome Partyなど
  • 学生企画運営協議会(企画委員)
    様々なイベント等を学生自らが企画運営するための合同会議、企画委員合宿など
  • 「プログラム修了認定証」の発行:
    これらの上記の活動のうち、次の①から③の条件をクリアした方は、「プログラム修了認定証」が発行されます。
    ~様々な授業や活動に参加して、認定証をGETしよう!~
    1. 所属大学等が指定する共修科目(語学コミュニケーション・長崎の歴史と文化・キャリアについて)を修得していること
    2. 社会活動(ボランティアなど)を3日以上修了していること
    3. GETプログラム(学生企画のさまざまな活動)に3回以上参加していること

Activities

The main activities of the Nagasaki Glocal Alliance Project (GP) are as follows:

  • Collaboration courses
    NICE Campus Nagasaki’s credit transfer system
  • Volunteer work
    A range of volunteer activities—some planned by students, others requested by the community
  • GET Program student-planned events
    GET presentation competition, off-campus information sessions for prospective students, Glocal Talk and Cafe Talk events, welcome parties for international students, and more
  • Planning and Administration Committee meetings
    Joint meetings and overnight student leader sessions where students plan events and other activities
  • Program Completion Certificate
    Students who have completed the following three criteria will receive a Program Completion Certificate. Participate in GP courses and activities to get a certificate!
    1. Complete a “collaboration course” designated by your school (a course covering foreign language communication, history and culture of Nagasaki, and career development)
    2. Complete at least three days of community service such as volunteer activities
    3. Participate in a student-planned GET Program activity at least three times

ご挨拶

大学コンソーシアム長崎の事務局長を拝命しております長崎大学・副学長の中村典生です。
この事業は、長崎県内11の高等教育機関が連携して行っている事業で、日本人学生と留学生がともに学び、ともに活動することを通して、国際的な視野を持ちつつ、地域にしっかり根ざしたグローカル人材としての基盤の形成を目的としています。理念は「異なりに学び、ちがいをともに生きる」です。
様々なボランティア活動や学生自身が創案したG.E.T.プログラムなど、ともに楽しみ、ともに学び、ともに成長できるプログラムになっています。
たくさんの皆さんの参加を心よりお待ちしています。


長崎大学 副学長
大学コンソーシアム長崎 事務局長
中村 典生

Message

My name is Norio Nakamura, Vice President of Nagasaki University. I serve as the director of the Consortium of Universities in Nagasaki, an organization that connects 11 institutions of higher education in Nagasaki Prefecture. The purpose of the consortium is to build a foundation of glocal individuals who have international mindsets but are rooted in the community, by having Japanese and international students study and participate in activities together. Its motto is “Learning from and living with differences.”
GP is a program where participants can have fun, learn, and grow together through volunteer work, student-created GET Program activities, and more.
I look forward to your participation.

グローカル事業関連資料