HOME > 活動報告(学生自主企画活動)

活動報告(学生自主企画活動)

南部 学生自主企画活動 

GP「Re歓迎会」(説明会)

日程
2021年7月16日(金)17:50~19:00
場所
長崎大学教育学部6階601教室、その他
内容

「Re歓迎会」ということで、4月に開催した「GP歓迎会 at 長大(新入生説明会)」(※)を、再度行いました!

GPでの普段の活動についてや今後取り組みたいことなど、GPに興味がある学生の皆さんと一緒にお話する良い機会となりました。

私たちはGPでは、年間を通して長崎県内の大学生・高専の学生・留学生等、多彩なメンバーたちが集まり、様々な活動を行っています。

 

年間を通して活動に参加することが可能ですので、新たな仲間となってくれるみなさんをお待ちしています!!

興味がある方はいつでも気軽にご連絡ください。

 

南部 学生自主企画活動 

第8回GPプレゼンテーション大会(本選)

日程
2021年7月4日(日)13:00~16:00
場所
長崎大学文教キャンパス 中部講堂
内容

「長崎発グローカル人材育成プログラム(以下「GP」)」学生企画運営協議会では、自らを発信していく力を育成することを目的に、平成26年度からプレゼンテーション大会を開催しています。 

今年は7月4日(日)に長崎大学中部講堂にて開催され、6月20日(日)に行われた予選会(※)で選び抜かれた6名(長崎大学・長崎外国語大学・長崎純心大学)がプレゼンテーションを行いました。

参加者は、学生スタッフを含め予選会と本選あわせて約120名の参加となりました!

今年のテーマは「Small Actions~SDGs×私たち~」。プレゼンターの皆さんは、それぞれが考えるSDGsへの、小さな、しかし大きなうねりへとつながるような熱い想いについて発表をして下さいました。

[11,住み続けられるまちづくりを ]をテーマに、自らの学びを活かして開発したアプリについて話してくれた学生や、[5,ジェンダー平等を実現しよう]をテーマに、これまでの経験から想うこと、みんなに考えてほしいことを語ってくれた学生など、みなさんの発表は本当に素晴らしく、たくさんのことを学ばせてくれました。

また、審査員のみなさんからの質疑応答やメッセージをいただく中で更に自分の考えを深め、アクションへとつなげる勇気をもらえたことと思います。

プレゼンターのプレゼンテーションが終わったあとは、1年生主体で楽しいクイズ大会を行いました。

ここで、その時に出された問題を一つ。

 

鎮西学院大学では環境への配慮のため「ストロー」をプラスチックではなくあるもので作る取り組みをしています。

では、そのあるものとは何でしょう?

①シリコーン

②ガラス

③麦わら

④紙

 

さて、みなさんお分かりですか?

正解は…。

 

③の麦わらだそうです!麦わらでできたストロー、ぜひ使ってみたいですね!

このクイズ大会を通して、長崎県内でもSDGsに関する様々な工夫や取り組みを行っていることを知ることができました。

 

大会運営に協力してくださった皆様、またご来場いただいた皆様のおかげで、今年のプレゼンテーション大会も成功裏に終えることができたことに改めて感謝を申し上げます。

企画運営を行ったGPスタッフメンバーは、この日を迎えることができてホッとしたと同時にたくさんのことを学ばせてもらい、次へとつながる経験となりました。

GPは、これからもこのようなイベントを通して次代に求められるグローカル人材を目指して活動していきます。今後の活動も楽しみにしていてください!

尚、当日大会の様子をGPのYoutubeチャンネルで配信予定です!そちらもお楽しみに♪

 

■受賞プレゼンター

最優秀賞:永田 拓巳/長崎大学

優秀賞:一ノ瀬 龍之介/長崎外国語大学

審査員特別賞:木月 桃花/長崎大学

 

 

 

南部 学生自主企画活動 

第8回GPプレゼンテーション大会(予選会)

日程
2021年6月20日(日)13:00~16:00
場所
長崎大学文教キャンパス 中部講堂
内容

6/20(日)に 「第8回GETプレゼンテーション大会」予選会を長崎大学の中部講堂で行いました。

県内11大学等協同企画によって開催され、企画、準備、当日の運営を行う「GP」の一大イベントということで、今年春に入学したばかりのそれぞれの大学の1年生も加わって総勢30名余が、この日のために工夫や知恵を総動員して準備してきました。

今回のプレゼンター応募者は11名。ゲスト審査員3名と、NICEキャンパス長崎の『プレゼンテーション基礎』受講生を含む観覧者や関係者など約20名をお迎えし、予選会は幕を開けました。

プレゼンターは、長崎県内3つの大学から、日本、中国出身の学生11名が集まりました。各自の持ち時間2分で、今大会のテーマである「SMALL ACTIONS ~SDGs × 私たち~」についてプレゼンしてくれました。

持続可能な開発を実現するために定められた国際目標で17の目標と169のターゲット(解決すべき解題)から構成されたSDGsに対して、それぞれ日頃から関心があるものや取り組んでいるもの、また、身近なものなどの中から目標を選び出し、それぞれの取り組みや想いなどについての話を聞くことができました。

どのプレゼンテーションも、SDGsの目標に対して熱いメッセージのこもったもので、審査員の方からもお褒めの言葉をもらいました。

それぞれの想いがこもったプレゼンであったため、審査の方は難航しましたが、7月4日(日)の本選(※)に進む学生が6名選ばれました。

また、本大会の運営陣の学生たちも頑張りました。プレゼンターが万全の環境でそれぞれの本領を発揮できるように、GPスタッフたちは入念な準備とリハを何度も重ねることで、予選会は大きなトラブルもなく進行することができました。

 

本選では同じく「SMALL ACTIONS ~SDGs × 私たち~」をテーマに、今度は各自5分でプレゼンを行ってもらいます。内容はもちろん、プレゼン技術も見所ですね!運営スタッフも、本選に向けて準備を進めてまいります!

本選は7/4(日)!!

あなたの日常に、SDGsの目標や解決課題などに対し何かきっかけを与えてくれる、ヒントをもらえる、そんな一日になること間違いなし!

大学生のプレゼンってどんな感じなんだろう、予定が空いてるなぁなどなど、理由はなんでも結構です。

当日は入場料無料!事前申込制となっています。皆さんふるって中部講堂にお越しください!! 

 

プレゼンテーション大会

日程 7/4(日)

開場 12:30

開演 13:00(終了は16時を予定)

場所 長崎大学中部講堂

 

観覧希望等、本大会に関するお問い合わせは下記までご連絡ください。

【お問い合わせ】長崎大学生涯教育センター

Mail:gppre.smallactions@gmail.com

TEL:095-819-2888

 

本選に勝ち進んだプレゼンターは下記の皆さんです。(予選会発表順)

 

■FINALISTS

 ・一ノ瀬 龍之介/長崎外国語大学

 ・太田 樹/長崎大学

 ・菅沼 隼人/長崎大学

 ・木月 桃花/長崎大学

 ・永田 拓巳/長崎大学

 ・田中 優希/長崎純心大学

 

南部 学生自主企画活動 

みんなでつくろうオンライン企画♪

日程
2021年5月25日(火)19:00~20:00
場所
各自Wi-Fi環境の整った場所
内容

「オンラインイベントを企画しよう!」というオンラインイベント!(^^)!を実施しました。

イベントを企画するときに欠かせない「企画書」、GPでの活動の際にも必ず書いてみんなで検討します。まずは新入生と一緒にその書き方についておさらいし、早速3グループに分かれて企画検討!グループ討議では、過去の企画を先輩に紹介してもらったり、アイディアを出し合ったりして、楽しい時間を過ごせました。初めてお会いした1年生もいて、いい交流の機会にもなったと思います。

今回の話し合いでいろんな企画案ができたので、今後の活動の参考にします!

コロナ禍で対面イベントはなかなかできませんが、オンラインでのイベントをたくさんできたらいいな、と思っています。メンバーみんなでアイディアを出しながら、これからも活動を盛り上げていきます!

 

(記:GP学生企画実行委員2年)

南部 学生自主企画活動 

GPオンライン交流会

日程
2021年4月30日(金)20:00~22:00
場所
各自インターネット環境の整っている場所
内容

4月30日に、Zoomでのオンライン交流会を行いました!

途中参加、途中退室OKの気軽なおしゃべり会で、今回は10名程度の方が参加してくれました。鎮西学院大学や長崎外国語大学、長崎県立大学など県内の様々な大学から、GPメンバーに仲間入りした1年生も早速参加してくれて、みんなで楽しく交流することができました。

現在、コロナの影響で対面での活動はなかなかできませんが、今回のようなオンラインイベントを今後も計画中!いろんな形でたくさんの方と交流の機会を持ちたいと思っています。してみたいイベント等ありましたらぜひ教えてくださいね。

わたしたちと一緒に活動してくれるメンバーもまだまだ募集中です。GPでは他大学、他学年、留学生、地域の方々など、たくさんの方と関わることができます。少しでも興味がある方はぜひお気軽にご連絡ください。

 

(記:GP学生企画実行委員2年)

 

南部 学生自主企画活動 

プログラム修了認定証授与式

日程
2021年4月22日(木)16:30~17:00
場所
長崎大学教育学部6階633教室
内容

4月22日、GPに参加して所定の条件(※)を満たした学生を対象に、プログラム修了認定証授与式が行われました。

2020年度においてGPの修了条件を満たした長崎大学の学生は3名。後輩たちが見守る中、GPの実施母体である長崎大学教育開発推進機構、生涯教育センターの中村センター長より3名へ認定証が授与されました。

中村センター長からは、修了認定証書はこれまでの努力や活動の証であると同時に、皆さんの想いはここで途切れることなく、これからもGPの理念を持ち続け、地域に貢献し、社会の一員として自分磨きができる人としてがんばってほしい、というお言葉をもらいました。

そして、授与された3名からは、GPに参加して学んだこと、成長できたこと、今後の抱負、後輩へのメッセージなどのスピーチがありました。

一人は今春から長崎大学の院に進学し、学部生時代よりもさらに研究で多忙を極める日々が始まったものの、4月からもGPの活動に精力的に参加し、陰に日向に後輩を支えてくれています。他、学部最終学年の2名はそれぞれに、GPで対外的に多種多様な人と関わる経験を積んだことで自分の殻を破れたこと、GPで培った「グローバルな視点でローカルな行動」という思いを体現すべく、同胞の中国籍コミュニティと日本人をつなぐ活動を展開している、と成長著しい様子を披露してくれました。

「修了したけれど、GPに関わっていくことは『終了していない』」とのことで、今後も3名が残りの学部・院生活をGPと共に過ごし、後輩たちの目指す姿として更に活躍していってくれることを期待します。

 

※GP修了認定証授与の条件

①所属大学が指定する共修科目(語学コミュニケーション・長崎の歴史と文化・キャリアについて)を修得していること

②社会活動(ボランティアなど)を3日以上修了していること

③GP学生自主企画活動に3回以上参加していること

 

 

 

  • ※通常はマスク着用で撮影の時だけマスクをはずしました。

    ※通常はマスク着用で撮影の時だけマスクをはずしました。

南部 学生自主企画活動 

GP歓迎会 at 長大(新入生説明会)/GP Welcome Party & Briefing for Freshmen @Nagasaki Univ.

日程
2021年4月13日(火)17:50~19:00
場所
長崎大学学生交流プラザ/Student Community Plaza in Nagasaki Univ
内容

4月12日(月)、13日(火)にGP歓迎会を行いました!

 

当日は、GPの活動を参加者の皆さんに知っていただくために、まず去年の活動内容や企画委員の醍醐味についてプレゼンテーションを行いました。みなさん熱心に耳を傾けて聞いてくださり、とても嬉しかったです。

ありがとうございます!

また、その後のフリートークでは、GPメンバーも一緒に参加者の皆さんと自由におしゃべりを楽しみました。学校や学年・学部、国籍を超えて、真面目な話から面白い話まで様々な話をしました。

会を通して終始笑顔が絶えない雰囲気の中、フリートークが終了しても「まだしゃべり足りない!」という人もいたようで、楽しんでもらえたのではないかと思っています。

 

参加してくださった皆さん、本当にありがとうございました!

GPは今後も様々な活動を展開していきます。皆さんとまたお会いできる日を楽しみにしています♪

 

(記:GP学生企画実行委員2年)

 

We held GP welcome party on April 12th and 13th.

In this event, we made the presentation to let participants know about GP. We were very glad all participants eagerly listened to us. Thank you so much.

In the free talk session, participants enjoyed conversation with GP members.

Regardless each one’s school, school year, major, and nationality, we had many things to talk, like joking stuff and serious conversations as well. beyond the school year, faculty, and nationality. We really enjoyed it! Some people even must have felt that “we want to chat more!” after the party.

 

Thank you anyway for participating in this event!

GP members are looking forward to seeing you again someday♪

 

[written by 2nd year student member of GP Student’s Planning & Management Committee]

 

南部 学生自主企画活動 

GP歓迎会 at 長大(新入生説明会)/GP Welcome Party & Briefing for Freshmen @Nagasaki Univ.

日程
2021年4月12日(月)17:50~19:00
場所
長崎大学学生交流プラザ/Student Community Plaza in Nagasaki Univ
内容

 

4月12日(月)、13日(火)にGP歓迎会を行いました!

 

当日は、GPの活動を参加者の皆さんに知っていただくために、まず去年の活動内容や企画委員の醍醐味についてプレゼンテーションを行いました。みなさん熱心に耳を傾けて聞いてくださり、とても嬉しかったです。

ありがとうございます!

また、その後のフリートークでは、GPメンバーも一緒に参加者の皆さんと自由におしゃべりを楽しみました。学校や学年・学部、国籍を超えて、真面目な話から面白い話まで様々な話をしました。

会を通して終始笑顔が絶えない雰囲気の中、フリートークが終了しても「まだしゃべり足りない!」という人もいたようで、楽しんでもらえたのではないかと思っています。

 

参加してくださった皆さん、本当にありがとうございました!

GPは今後も様々な活動を展開していきます。皆さんとまたお会いできる日を楽しみにしています♪

 

(記:GP学生企画実行委員2年)

 

We held GP welcome party on April 12th and 13th.

In this event, we made the presentation to let participants know about GP. We were very glad all participants eagerly listened to us. Thank you so much.

In the free talk session, participants enjoyed conversation with GP members.

Regardless each one’s school, school year, major, and nationality, we had many things to talk, like joking stuff and serious conversations as well. beyond the school year, faculty, and nationality. We really enjoyed it! Some people even must have felt that “we want to chat more!” after the party.

 

Thank you anyway for participating in this event!

GP members are looking forward to seeing you again someday♪

 

[written by 2nd year student member of GP Student’s Planning & Management Committee]

 

南部 学生自主企画活動 

Year end Party

日程
2020年12月14日(月)17:50~19:00
場所
長崎大学文教キャンパス 学生交流プラザ/Student Community Plaza in Nagasaki Univ
内容

今年最後のGPイベント、イヤーエンドパーティーを開催しました!

「年末年始の各国の過ごし方」をテーマにGPオリジナルのすごろくを作成し、すごろくのマスに書かれた内容についておしゃべりし、楽しく交流することができました。日本の新年だけでなく様々な国の新年の過ごし方について知ることができ、とても楽しく有意義なイベントとなりました。

2020年のGPのイベントはこれで最後となります。今年は例年とは違い、様々な制限のある中でのGP活動となりましたが、コロナ禍でもこうして工夫してイベントを開催することができ、企画担当の学生たちは確かな手ごたえを感じることができたようです。そんな経験ができたのも参加者皆さんのご協力のおかげです。本当にありがとうございました!

これからも学生同士が交流でき学び合える楽しいイベントを企画したいと思いますので、来年もどうぞよろしくお願いします。

(記:GP学生企画実行委員1年)

 

We held Year End Party on December 14 (Monday)! We enjoyed communicating each other through playing sugoroku we made and talking a lot. We learned about how to spend the New Year not only in Japan but also in foreign countries, so this event was very meaningful for us.

 

It was the last event of GP in 2020. Thanks to your cooperation, we could hold such events with taking measures of coronavirus. Thank you so much! We will hold exchange events next year, so please join our events again.

(AK/ak, GP leader member student)

 

 

南部 学生自主企画活動 

生け花体験教室/Japanese Flower Arrangement Workshop

日程
2020年12月6日(日)13:00~15:00
場所
長崎大学教育学部棟6階633室
内容

留学生・日本人学生に気軽に生け花を体験してもらおう!と企画した今回のイベント。花や器などの花材を手配するところから企画担当の学生が携わり、準備をしました。ときには公園に行って松ぼっくりを集めたり、アシスタントに研修を行ったりと、たいへんではありましたが、学生同士でその時間も楽しみつつ準備を進めました。

当日参加してくれたのは、日本人13名と留学生4名。留学生は、スペイン、ベラルーシ、ミャンマー、エジプトと様々な国からの参加となりました。

メインのカーネーションを中心に、思い思いに花や緑を選び、それぞれ個性のある作品を作ることができたようです。

このコロナ禍の日々でストレスを抱えつつ過ごしている学生もいたようで、終わった時には「こんなに花や緑と触れ合える時間を過ごせてリフレッシュできた!」と感想を話してくれた学生もいました。

参加者全員、大満足で会を終了することができました。企画を担当した学生は、「次回は、もう少し生け花の要素を取り入れた活動にしたい!」とのことですので、第2弾をお楽しみに☆

コロナ対策等たいへんでしたが、協力をしてくださったみなさんありがとうございました!

 

As we’re getting into the Christmas spirit, one of GP member students, who is “Ikebana” practitioner had come up with the idea in which both Japanese and international GP members could mingle over experiencing traditional Japanese art; ikebana (traditional flower arrangement) in a festive essence!

After all of efforts she made such as preparing not only basic items for arrangements but also carefully selecting several different flowers, leaves, and all sorts of ornaments which would be perfect to add Christmas atmosphere in arrangements, there turned out to be 17 participants attended the workshop (surely with facial masks and under measurements against the virus!). 

This was the first time to tap into traditional Japanese art for almost every participant, but everyone successfully created their floral arrangement with the unique idea.

International members from Belarus, Egypt, Myanmar, and Spain said with one voice; “spending time experiencing this aesthetic art with Japanese students has just released stress of working in a busy lab.”

This event host, GP girl member won a best practice of planning, preparing, learning by trial and error, and facilitating the workshop with thanking all rest of GP members who supported her in every aspect. Now she’s getting enthusiastic about holding another “ikebana” workshop focusing on that participants could develop means of self-expression by learning fundamental ikebana flower style. Then you guys out there please keep updated for the next announcement and looking forward to having you join us again!!

 

【参加者の声/Participants’ feedbacks】

・生け花に興味あったが自分で行うにはハードルが高かったが、このような機会がありよかった。

・I enjoyed a lot, it was very well organized and I felt very comfortable.

・I like the how GP members supported the participants. This is the great opportunity to learn Ikebana.