HOME > 活動報告(GET)

活動報告(GET)

南部 GET 

GP平和さるく/GP Peace "Saruku (Walk)"

日程
2020年10月3日(土)14:00~18:00
場所
長崎大学文教キャンパス中部講堂前 集合~長崎市内
内容

「GP夏の自由研究!長崎の大学が戦争や原爆をどんな風に乗り越えてきたかを知りたい!!」

あるGP企画メンバーの一言で動き出したこの企画。彼女は、長崎で活動している組織として、8月9日の長崎での出来事についてもう一度見つめ直し、自分の通う大学がどのように戦争を乗り越えたかを知ることで改めて平和について考える機会にしたい、と話しました。

また、県外からの学生や留学生と一緒に活動し、話し合うことで新たな発見もできるはずだと考え、夏休みを使って「平和さるく」企画を練り、イベントを開催しました。

イベント当日は、日本人学生留学生あわせて20名近くが長崎大学に集まり、大学構内の記念碑を見学するところからスタートしました。

市内には、たくさんの原爆関連遺構があります。爆心地公園や原爆資料館、浦上天主堂、山王神社の片足鳥居などの有名な場所から、活水中高校内の遺構や鎮西学院跡の碑など自分たちの身近な場所にある様々な遺構まで歩いて見学しました。

かなりの距離を歩く計画でしたが、お天気にも恵まれ、参加者同士の会話も弾み楽しく活動できました。また、留学生が予想以上にいろんなことを知っていて驚いたとのこと。活動を通して、お互いに刺激や学びを得る良い時間を過ごせたようです。

今日の活動内での写真や学びを資料として今後まとめ、10/24(土)のプレゼンテーション大会(※)の時に発表する予定です。

また、SNS等で情報発信することで多くの人に知ってもらうことも目的の一つとなっていますので、そちらもぜひご覧ください!

 

GP held “Peace Saruku (Walk)” in the beginning of October.

This initiative was originated from one of GP member student, who was keen to learn how educational institutions and academia in Nagasaki experienced the WWII and the atomic bombing on 8.9, 1945. She was also sure to clarify the “raison d’etre” of GP, which is based and run by the network of students belonged to 11 universities and colleges across Nagasaki. 

In the afternoon under the autumn sunny clear sky, nearly two dozen of participants including international students got gathered, then divided into a few groups to depart for each itinerary to go around memorials and remains as below;

<Group A>

Cenotaph at Nagasaki uni, Peace Park, A-bomwb ruins of the air raid shelter at Yamazato elementary school, Nagai Takashi Memorial Museum, Urakami Cathedral, Sakamoto campus of Nagasaki uni (approx. 0.5 km east-southeast of the hypocenter), and Sanno Shrine.

<Group B>

Cenotaph at Nagasaki uni, Ground zero for the A-bomb, Nagasaki A-bomb Museum, Chinzei School (approx. 0.5 km southwest of the hypocenter) and Chinzei Park monument.

 

For many youngsters, “8.9 A-Bombing in Nagasaki” is sometimes just a cold word in a book, or a miserable scene broadcasted once in a while, but this kind of hands-on excursion in which both Japanese and international students visit and see the sites together while mingling can promote the friendship based on peace and bring them new perspectives beyond textbooks.  

This outing event actually is to be expected to reviewed and summed up in a poster or a little leaflet so that could be enjoyed by other members who couldn’t make it to attend, or hopefully they will be unveiled and displayed at the upcoming GP presentation competition on 24th, Oct. 

 

南部 GET 

[キャンドルナイト]に向けてLEDキャンドルを作ろう‼/GP Get-together: Let’s Meet and Exchange over Making LED Paper Candles!!

日程
2020年9月18日(金)17:00~18:00
場所
長崎大学学生交流プラザ/Student Community Plaza in Nagasaki Univ
内容

9月18日、「キャンドルナイトボランティア」で飾るためのLEDキャンドルをGPメンバーで制作しました。

これまでオンライン中心でカフェトークをしたりディベート大会をしたりしていましたが、今年度初めての対面でのイベントをみなさんとても楽しみに参加してくれました。

コロナ感染防止対策をしながらの活動のため、制約される部分もありましたが、やはりみんな対面での活動を待ちわびていたようです。

距離を保ちつつ、消毒など注意しつつ、適度に会話も楽しみながらキャンドルを作りました。

 

この、「キャンドルナイト」というイベントは、コロナや災害などで続く暗いニュースの中、長崎の大学生が長崎の地から少しでも世の中を明るく照らし、若者の力で未来を明るくしよう!という目的のもと、長崎県内の学生ボランティアを支援する「やってみゅーでスク」が企画したものです。

その趣旨を理解し、参加者はそれぞれの想いを和紙に書きました。

「早くコロナが収まって留学に行けますように」「長崎・世界中に笑顔の花が咲きますように」「韓国料理が食べたい!(韓国留学生)」など、たくさんのメッセージやイラストで各自の想いを表現していました。

 

最後に、テストとして実際にライトアップした時にはその幻想的な光景に参加者から歓声が上がりました。

 

本番は10/9(金)!長崎県内のいくつかの大学を中継でつなぎ、ライブ配信でその様子をみなさんにお伝えします。どうぞお楽しみに!

 

On September 18th, GP successfully held the long-awaited offline event for the first time since almost half a year.

Under the continuing severe situation in which large scale gathering have become a relic of a pre-Covid-19 era, we struggled if we should go on or give up on taking place the event up until the last minute. However, many voices of both Japanese and international GP student members claiming for their “online fatigue” had not been overlooked anymore. Therefore, we thoroughly got everything ready in order to take all the precautions to prevent infection such as avoiding 3Cs, so that much less buzz during the event than GP’s usual offline gatherings, which was quite sad. After all, all participants took full advantage of this opportunity to build the new friendship respectively.

 

This gathering event was planned originally from the requests from GP’s affiliated organization, “Nagasaki University’s Volunteer Support Center -Yattemyu Desk”, who is responsible for the “Candle Night Across Nagasaki(*)” which will be held on October 9th. 

 

Participants enjoyed mingling over making LED candle filled with each individual’s wish and hope as well as their creativity. 

 

Even though online chat or digital art have become the “new normal” in the viral infection era, offline interaction and hand-made candles could always be the last resort to bring everyone smiles. This is all we learnt from this precious face-to-face get-together.

 

*Candle Night Across Nagasaki:

All the university/college students in Nagasaki will be connected online (ZOOM) and lit up LED candles at each site at the same time in the evening on Friday, October 9th. ZOOM streaming will be aired on Youtube as well so that Nagasaki’s youngsters beyond cities, sex, nationalities will build a bridge around Nagasaki with a sign of solidarity in a show of hope against Covid-19 pandemic. 

 

南部 GET 

World Culture Day企画もオンラインで実施中♪

日程
2020年6月9日(火)
場所
各自の自宅
内容

GPイベントの中でも人気の「World Culture Day」。留学生と日本人学生が集まり、それぞれのふるさとを紹介したり多国籍料理を作ったりしながら交流するイベントですが、今年はオンラインで実施しています。

 

まずはふるさと紹介(International Day)です。長崎県(島原市)と熊本県の魅力的な動画を作ってそれぞれ発信しています。本来のイベントである「International Day」では、プレゼンターがそれぞれのふるさとを紹介したあとに参加者同士で楽しくおしゃべりをする時間があり、参加者同士で盛り上がるのですが、対面での活動ができない今はそれらができず少し残念な思いもあります。

思いっきり活動が楽しめるようになった時には、みなさんとワイワイ自分のふるさと自慢をして楽しみたいと思っていますので、それまでの間、YouTubeの動画で楽しんでもらえるとうれしいです。

https://www.youtube.com/watch?v=VlPfNkUL0G4

https://www.youtube.com/watch?v=4yEdZGwyQq4

 

次は多国籍料理教室(World Cooking Day)です!ふるさとの食べ物について紹介した動画を、長崎県と鹿児島県の学生が作成しました。長崎の食べ物は島原名物「具雑煮」、鹿児島の食べ物は「がね」です。

どちらもおいしそうに出来上がっていますので、ぜひみなさん、動画をお楽しみください♪

https://www.youtube.com/watch?v=15trB_2wUJA

https://www.youtube.com/watch?v=ESYyBlHuBkQ

 

南部 GET 

オンラインカフェトーク/GP Online Cafe Talk

日程
2020年6月5日(金)
場所
オンラインなのでどこからでも参加できます
内容

<English follows Japanese.> 

 

いつもなら長崎大学の学生交流プラザで開いているのですが、今回はオンライン(ZOOM・YouTubeLIVE)を使って行われました。

「あなたにとってのGPとは?」、「サークルってどうやって選べばいい?」、「オンライン授業になって大変なことは?」等など、GPや大学生活について、新入生からの質問にGPメンバーが自身の経験を交えてお答えしました。

GPのメンバーは他の学生団体やサークルに入っている人も多いようで、「迷ったらやってみる!」ことをお勧めしていました。

思い描いていた大学生活とは違う状況にがっかりしている新入生もいるかもしれませんが、やりたいことをがまんする必要はありません。

これまでとは違った方法でもやってみていいと思います。

「迷ったらやってみる!」

GPではみなさんの好奇心を応援します!

 

Regarding GP’s regular event, “Café Talk”, we kicked off this year 2020’s first Café Talk to be eventually moved online and held virtually, due to the outbreak of COVID-19 pandemic.

A few dozen of GP senior student members gathered respectively on ZOOM and gave brief introduction and review about GP, and answered some questions from freshmen and newly joined GP members, while it was thoroughly aired on live stream on Youtube.

“How do you like GP?”

“Any tips on how to choose teams or clubs after school?”

“What makes more challenging when it comes to online learning?”

… and more and more questions energized the show!

Thanks for all your participation through the chat window!!

After all, you don’t have to let this coronavirus shock get you down even though your brand new life has been somehow different from what you’d expected.

As long as you have something you want do, achieve, and change, taking a big step is the first and most important, and it’ll be great if that step for you is to become GP member! We all welcome you and move forward with you!!

And yes, we’ll be going another Café Talk LIVE on Youtube again. Don’t miss it!

 

南部 GET 

GPオンラインディベート大会

日程
2020年5月22日(金)20:00~21:00
場所
GPメンバーの各自自宅等の屋内(ZOOMが使える環境)
内容

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、現在、GPはイベントの企画や新入生の歓迎が満足にできない等、様々に活動が制限されています。

そんな中でもできるイベントを!との想いで企画した『ディベート大会』も、順調に3回目を迎え、楽しく活動することができました!

3回目となる今回のディベートのテーマは「小学生でのオンライン授業賛成か否定か」です。

 今回は、長崎国際大学からも参加者があり、また、新型コロナの影響でオンライン授業を余儀なくされている各自の体験に基づく話などもあったようで、より多様な意見が交換、展開されました!

 

これ以上、話すとネタバレになるので、ディベート全編はGPSNSを通して是非ご覧ください!!

下記のURLをクリック!

ディベート後の「オフショット」(反省会)も必見です★ 

 

南部 GET 

オンライン茶話会

日程
2020年5月19日(火)18:00~
場所
オンラインで開催なのでどこからでもご参加できます!
内容

5月19日(火)にオンラインによるGPの説明会を行いました。

1時間のインスタライブでの発信という限られた中でしたが、途中参加や途中退場も含め全員で65名の方に参加していただきました。

まず、GPの委員長よりこの活動についての説明があり、その後は閲覧者からの質問にお答えしました。

「現在の活動や普段の活動について教えてください」「地域での活動とはどんなものですか?」「留学生との交流は?」など、たくさんの質問をしてもらい、一つ一つに答えていきました。

やはり、この、コロナ禍の状況にある今、学生の気になるところは「仲間づくり」といったところでしょうか。どんな人と交流できるのか、何人ぐらい参加しているのか、など、これからの大学生活に向けて不安と期待の混じった質問が多かったようです。

そして、これら質問には、「はい!GPに入れば、また、大学に来れるようになったら、仲間はすぐにたくさんできますよ!心配しないで!」と現リーダー・副リーダーが自信をもって回答してくれました。

 

1時間のオンラインでの説明では伝えきれないこともあり、また、質問にお答えできないこともあったかもしれませんが、頼もしい先輩たちがたくさんの新入生を歓迎しています。

もし何かわからないことや質問したいことがあれば、このホームページからでもかまいませんし、GPのSNSでメッセージを送ってくれれば、何でもお答えします。

 

どうぞ気軽に連絡をください!

 

また、GPでは今後もオンラインでの交流会を開催する予定ですので、みなさんどうぞご参加ください♪

 

南部 GET 

GPオンラインディベート大会

日程
2020年4月24日(金)21:00~22:00
場所
GPメンバーの各自自宅等の屋内(ZOOMが使える環境)
内容

 

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、現在、GPはイベントの企画や新入生の歓迎が満足にできない等、様々に制限されています。

しかし、そんな中でもやれることを最大限にやる!というメンバーがGP学生自主企画イベント、『ディベート大会』を、第一段(※4月20日開催)に続いて第二弾もオンラインで行いました!

 

2回目となる今回のディベートのテーマは「将来これになりたい、とだいたいの範囲を絞って大学に入るべきかどうか」です。

 

1回目よりも所属大学や学年も様々なメンバーが参加することになり、より多様な意見が交換、展開されました!

 

これ以上、話すとネタバレになるので、ディベート全編はGPのSNSを通して是非ご覧ください!!

下記のURLをクリック!

ディベート後の「オフショット」(反省会)も必見です★ 

 

南部 GET 

GPオンラインディベート大会

日程
2020年4月20日(月)10:00~11:00
場所
GPメンバーの各自自宅等の屋内(ZOOMが使える環境)
内容

 

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、現在、GPはイベントの企画や新入生の歓迎が満足にできない等、様々に制限されていることもあり、GPが数年前に開催した学生自主企画イベント、『ディベート大会』を、今回初めてオンラインで行いました!

 

まず、1回目のディベートのテーマは「子どもが携帯電話を持つことの是非」です。

 

ZOOMというオンライン会議システムを使ってのディベートはGPにとって初の試みだったので、少し緊張しましたが、おもしろかったです!

その様子をGPのSNS でもアップしましたので、ぜひご覧ください!(下記リンクをクリック!!)

たくさんの新1年生に見てもらい、1人でも多くの新GPメンバーが表れてくれるといいな~と期待してます♪

 

ディベート終了後のオフショット(「やってみてどうだった!?」の反省会)も収録してあるので最後までどうぞお見逃しなく(^^)

 

南部 GET 

GPミニ運動会/GP Recreational Event

日程
2020年1月14日(火)
場所
長崎大学学生交流プラザ/Student Community Plaza, Nagasaki Uni
内容

 

1月14日、新年最初のGPイベントはミニ運動会を行いました!

今回は、学生交流プラザでの実施で場所が限られているため、軽いレクリエーションをすることとなり企画委員が選んだ種目は…。

ピンポン玉リレーと“パン食い”ならぬお菓子食い競争!

最初に行ったピンポン玉リレーでは、スプーンかお箸を使ってピンポン玉を持ったまま走ります。

4人1組のグループになっていざ!よーい、ドン!

スプーンに乗せようとしても走っているうちにコロコロ…。箸でつかむのも難しく途中でコロコロ…。短い距離でしたがなかなかうまくいかずになんとか次の人にバトンタッチ!みんなで協力し、なんとかゴールすることができたようです。

お菓子食い競争は、大小さまざまなお菓子を目指してパクッ!みなさん上手にgetできました。

40分ほどの活動でしたが、笑いの絶えない楽しいイベントとなりました。

レクリエーションを楽しんだ後は、「好きなスポーツは何ですか?」というテーマのもと、日本人は英語で、留学生は日本語でカフェトークを楽しみました。

寒い中参加してくださったみなさん、ありがとうございました!

 

GP held its commemorative event for the new year 2020, “GP Sports Day” at Nagasaki Uni on January 14th.

This is kind of a sequel recreational gathering of “GP Glocal Olympics in Nagasaki(*)” taken place last year. It successfully caught on both Japanese and international students then and the successive one had been highly long-waited.

Upon this, GP students planning committee member gave it a try making this happen!

One highlighted difference from the previous one, however, was that the venue this time was quite smaller, which meant that games should have been operated within a confined space.

At any rate, we carried out “ping pong ball relay” and “candy-biting race”!

You can tell how it went nut as seeing pictures on the side!! All the participants were super athletes and so chill!!

And this initiative definitely proved that sweating and working out together is the best way to overcome language barrier as well.

Thank you all for joining us and hope GP recreation warmed you up!

 

  • ピンポン玉リレー/Ping pong ball relay

    ピンポン玉リレー/Ping pong ball relay

  • お菓子食い競争/Candy-biting race

    お菓子食い競争/Candy-biting race

南部 GET 

International Day(12月17日)

日程
2019年12月17日(火)18:00~19:00
場所
長崎大学文教キャンパス学生交流プラザ/Student Community Plaza, Bunkyo Campus
内容

12月17日(火)に今年度最初のInternational Dayを開催しました!紹介してくれたのは中国・韓国・埼玉県出身の学生。
まずは、中国出身の留学生が、中国でのお正月の過ごし方について話をしてくれました。中国でも、日本の紅白歌合戦に似た番組があるとのことで、家族みんなで楽しく番組を見る習慣があるそうです。
また、韓国出身の学生は、自分の故郷の有名な観光名所を紹介してくれました。イルミネーションがきれいな街並みの写真がたくさん紹介され、新しい観光スポットを知ることができました。韓国の学生の話の中で一番驚いたのは、「韓国では1月1日にみんな一斉に歳をとる」という話です。誕生日に関係なく1月1日になるとみんな1才歳をとるそうで、そのため、12月31日の夜中になると19歳から20歳になる人たちがこぞって居酒屋に出かけ、店の前には行列ができるそうです。何ともおもしろい韓国ならではのお話に、聞いている学生たちも思わず「へぇ~!」と声が上がりました。埼玉県出身の学生は、地元の方言や最近話題になった映画などの話から自身の地元について話をしてくれました。埼玉県について知らない留学生がほとんどでしたが、これをきっかけに「埼玉県にぜひ行ってみたい!」という声も聞かれました。

今回のInternational Dayを通して、プレゼンターは紹介をすることで改めて自分のふるさとについて見つめなおすことができたようですし、来場者は様々な地域の慣習や名所などについて知ることができ、新たな発見をたくさんすることができたようです。

 

2020年もGPではたくさんの活動を行っていく予定です。

今年一年、多くの方に関わっていただき、楽しく活動することができました。本当にありがとうございました!
来年もどうぞよろしくお願いします!!

 

“International Day” is one of popular programs which Nagasaki “Glocal” Alliance Project (GP) regularly holds. At this event, Japanese and exchange (international) students introduce their home countries or towns for a few minutes. Presentation style is all up to each presenter! Either way, this event always makes the audience students to feel like experiencing a virtual tour to various places around the world and across Japan!

Still, this year is a little bit an exceptional and its long-awaited “International Day”, which was the first time in the school year 2019 finally came into the light in December! Exchange students from China and South Korea volunteered to be presenters! Luckily enough, there was an extra summary introduction about Saitama by Japanese student!

 

 First presenter, a female Chinese student, Li showed how Chinese celebrate New Year, most of which were quite same as Japan, especially Nagasaki. Given geographic perspectives and the historical background between PRC and the far-west land in Japan, Nagasaki, it’s natural that there’re similarities. Her presentation rather recognized us Japan got influenced a lot from the giant neighboring country when it comes to say classical and traditional customs. 

Next came Son’s show time about South Korea, actually about his home, Gyeongju, to be precise. How many of you knew that it was the former Korean capital as ancient “Shilla”? Even though it’s a fresh new finding, you can tell that after seeing all those remarkable and outstanding temples and palaces including Buddhist arts and crafts. Son never forgot to emphasize, as an youngster indeed, that Gyeongju is not just an old town and added that it’s evolving to a fusion city stuffed to the gills with history and modern café.

As a bonus presentation about Saitama, Japan, Shogo Tanaka did good job spotlighting his place of birth to attract participant exchange students for whom it was almost first time for them to hear “Saitama”. Thanks to many “cool Japan” Saitama bears, such as manga cartoon and anime films, it was successful enough to make a good impression on everybody in the venue.

 

As always, each presentation has driven the audience to travel there to try many things from peculiar to staple ones! Seeing is believing. Why don’t you grab your passport and fly (You can just take yourself, as far as Saitama, even without your passport!)??

 

GP is looking forward to having you again in “International Day”! See you at next destination!!