HOME > 活動報告(協働)

活動報告(協働)

南部 協働 

花丘町餅つき大会ボランティア

日程
2019年12月22日(日)08:30~14:00
場所
花丘集会所周辺
内容

 

12月22日、花丘町自治会の餅つき大会に、GPからは3名の韓国人とベトナム人の留学生がボランティアとして参加し、会場設営や餅つき、ついた餅を丸めるといった作業のお手伝いをしました。

子ども達や高齢者が触れ合う機会が少なくなっている昨今にあって、こうして地元ならではの毎年恒例餅つき大会で、外国人を含む学生らも交えていただき、多様な年代の人と交流できる機会は本当にありがたいです。

年の瀬迫る寒い日曜日ではありましたが、ボランティア学生たちは、ほくほくとした気持ちで帰ってきました。

 

At the end of December, counting down on to the year-end, 3 international students from GP participated in the “Hanaoka-machi” community’s rice-cake pounding event, which is annually held and known as a valuable gathering for men and women of all ages in this local area.

Students did their best pounding sticky rice, and enjoyed interacting with locals by tackling hard work together and exchanging their cultures.

Thanks to all efforts of the event and volunteer host, the Hanaoka-machi neighborhood association, warm and cozy memories were happily brought to the young foreign fellows.

 

南部 協働 

観光客と交流しよう!長崎まちなか道案内隊ボランティア/Nagasaki Students Volunteer Guides

日程
2019年12月15日(日)09:45~12:00
場所
松山町、平和町、浜口町/Around Matsuyama-machi/Heiwa-machi/Hamaguchi-machi
内容

今回が今年最後の「長崎まちなか道案内隊」ボランティアとなりました。

一年間を通して行っているこのボランティア、今年最後の活動には5名の学生が参加したようです。

3年前に一人のGP参加学生が企画を立ち上げ、平和公園周辺を訪れる観光客に少しでも長崎での旅を快適に楽しく過ごしてもらいたいという思いで活動を続けてきました。その学生も4年生となり、活動できるのも残りわずかとなりましたが、最後まで参加学生とともに楽しく有意義にボランティアをしてほしいと思います。

 

<企画担当学生の感想>

観光客の人数が少なかったため、それほどたくさんは道案内はできなかったが、手書きで「道案内」と書いた紙を作ってくれたりと、参加学生さんがそれぞれ活動をしてくれたことがとても良かった。

 

南部 協働 

SANTA RUN IN NAGASAKI 2019ボランティア/Volunteer for “SANTA RUN in NAGASAKI 2019”

日程
2019年12月1日(日)08:30~15:30
場所
中央公園(長崎市賑町5-100)/“Chuou” Central Park (Nigiwai-machi 5-100, Nagasaki city)
内容

 

長崎の青年会議所が毎年開催している、病気と闘う子どもたちへのチャリティー型イベント、「サンタ・ラン(SANTA RUN)」が行われ、参加者が無事にスタートからゴールまで完走できるよう、コース上での誘導や応援の声掛けを行う等、GPからも数名の学生がボランティアとして活動しました。

 

12月らしい肌寒い一日でしたが、お天気に恵まれ、走者(本イベントでは、「歩く」のももちろんOK!)としてたくさんの家族連れや若者が参加し、長崎市繁華街一帯はサンタの格好をした人々で華やぎました。もちろんボランティア参加学生らもサンタの装いでイベントの運営をお手伝い。本イベントのボランティア活動は、毎年学生らに人気で、ボランティア参加をリピートする学生もいれば今年が初めてという学生を含め、60名近くの学生が参加。なんとなく「面白そうだから」「友人に誘われて」という理由で参加を決めた学生の多数は実際に活動してみて、クリスマスの時期も病院で闘病している子どもがたくさんいるという現実に思いを致せることや、間接的だとしてもそういった子どもたちを笑顔や元気にするお手伝いができたことに深い意義を感じ、「ただ楽しい」以上のものをそれぞれに掴んだようです。

多くの人を巻き込み、楽しみながら社会の役に立てるという大規模なイベントの中でも成功している一例が本イベントと言えるかもしれません。闘病中の子どもたちの笑顔が増えるよう、来年も再来年も続いていってほしいです。

 

【参加学生からの感想】

長崎大学の留学生として、長崎の地域社会で行われている色々な活動に関わり、長崎市民の生活の一部を体験したくて、参加しました。 ~(中略)~ 僕ができることで長崎の人たちの役に立ったり、逆に、頑張っている子供たちのおかげで自分にとっても、力になりました。(韓国人男子留学生)

 

  • 出典)長崎青年会議所HP

    出典)長崎青年会議所HP

  • 出典)長崎青年会議所HP

    出典)長崎青年会議所HP

  • 出典)長崎青年会議所HP

    出典)長崎青年会議所HP

南部 協働 

伊王島イルミネーションオープニングイベント点灯式ボランティア/Volunteer at Illumination Light Show in Iojima Island

日程
2019年11月23日(土)
場所
伊王島港ターミナル前/Iojima Island Port terminal
内容

 

「伊王島イルミネーション」のオープニングイベント点灯式での会場設営や、イベント進行補助、後片付け等のお手伝いをしてくれる学生ボランティアが募集され、11名の中国や韓国からの留学生が参加しました。そして、この11名は全員女の子。しかも内10名がGPメンバーということで、積極的で活動的な女性の活躍する時代が、GPにもしっかり到来していることを感じる機会となりました。

日中は暖かい日差しも出ていましたが11月下旬とあって日が暮れると冷たい風が吹く伊王島。そんな中でも、イルミネーション点灯の瞬間を見ようと地元の家族連れや観光客など大勢の人がやってこられていました。参加留学生たちは、お客さんと一体になって点灯を盛り上げるその場の雰囲気や伊王島の風景すべてに感動して、イルミネーションにも負けないキラキラした思い出を作ることができたようです。

 

【参加学生からの感想】

・活動内容について会場のみなさんが親切で、音楽も雰囲気もわくわくしました。(中国人女子留学生)

・日本の人はとてもフレンドリーなので、興味があればこれからもどんどんボランティア活動に参加して交流していきたいです。(台湾人女子留学生)

 

南部 協働 

伊王島海水浴場コスタ・デル・ソルのビーチ清掃ボランティア/Coastal Cleanup Volunteer at Iojima Island Beach

日程
2019年11月17日(日)
場所
伊王島海水浴場/Iojima Island Beach
内容

 

伊王島海水浴場で定期的に行われる「コスタ・デル・ソルのビーチ清掃」ボランティア活動にGPメンバーの留学生も参加させていただきました。

11月半ばにも関わらず日中は20度を超える暖かい日で、汗ばむほどでしたが、お天気が良かったことで海がとてもきれいに見えたそうです。今秋来日したばかりで、伊王島海水浴場まで足を延ばしたのは今回が初めてという留学生にとって、素敵なビーチを見ながらの清掃活動は、全く疲れを感じることもなく、あっという間に過ぎた爽やかな時間でした。

 

【参加学生からの感想】

伊王島は本当に綺麗でした!その綺麗さを保つには、ビーチのスタッフだけでなく、人々の力が必要だと思います。(中国人女子留学生)

 

南部 協働 

【留学生限定】サンハイツありがとうフェスタお手伝いボランティア /Volunteer at a Senior Care Center’s Festival

日程
2019年11月10日(日)10:15~13:00
場所
特別養護老人ホームサンハイツ(油木町)
内容

特別養護老人ホームサンハイツで行われた「ありがとうフェスタ」、昨年も留学生がたくさん参加させてもらい、利用者の方々が学生らとの交流を大変喜ばれたとのことで、今年も学生たちにボランティア参加を呼び掛けてくださいました。

 

今年はGPから4名の留学生を含む10名弱の長大生や活水女子大生が参加。ほとんどの学生にとって餅つきのお手伝いは初めてで大変でしたが、とても楽しかったようで、「すっかり餅つきのプロになりました」というたくましい感想を寄せてくれました。

 

A senior care center located in the middle of Nagasaki city, “Sun Heights” annually holds its periodical festival to aim interaction among seniors and youngsters. Following last year, the center asked university students joining in as volunteers this year as well and nearly 10 students including 4 GP fellows were called in.

The highlight of the festival was mochi (rice cake) pounding and it was so pleasant that seniors were watching smilingly over students doing hard work of pounding superbly. No doubt about that some felt fatigue and got hurt on their arms since it was their first time trying confronting sticky and heavy rice chunk. But they all felt fulfilled and even felt like becoming a “mochi-pounding master” after all!

 

南部 協働 

観光客と交流しよう!長崎まちなか道案内隊ボランティア/Nagasaki Students Volunteer Guides

日程
2019年11月10日(日)09:45~12:00
場所
松山町、平和町、浜口町/Around Matsuyama-machi/Heiwa-machi/Hamaguchi-machi
内容

 

恒例の長崎まちなか道案内隊ボランティアに、今回はGPからブルキナファソ出身の学生が参加しました。フランス語を公用語とする同国。昨今、長崎にはフランス人やフランス語圏からの観光客がたくさん訪れていることもあり、彼らの役に立てたことで有意義な活動になったようです。

 

In order to demonstrate “omotenashi” hospitality to foreign tourists, Nagasaki University students have taken a lead to team up volunteer corps almost every other weekend. Its activity has been run regularly and varies; showing where travelers want to go, recommending sightseeing places, and such. Then for this month, two students from GP played an active role. As for the one from Burkina Faso, this was the first time for him to participate in this activity, and given the current situation in where the number of tourists from French speaking countries is increasing in Nagasaki lately, he took much advantage of this opportunity to use French, the official language of Burkina Faso.

 

【参加学生からの感想/Feedback from GP student volunteer】

私は母国でも地域のコミュニティ団体に所属して様々に活動しています。今回、「自分が今住む長崎をよりよい場所にするために、自分ができることがあれば何でもしたい」という気概で参加しました。自分にとって「コミュニティの役に立つ」という経験ができて良かったです。(ブルキナファソ人男子学生)/In my country, I have always been part of community-based organizations. Any action that I can do to make Nagasaki, where is so called “my town”, a better place is welcome and my pledge. It was good experience to fulfill that. (Burkina Faso male student)

 

南部 協働 

大中尾棚田の火祭りボランティア/Volunteer at "Oonakao Terraced Paddy Fields’ Harvesting Festival"

日程
2019年11月2日(土)09:00~21:00
場所
長崎市外海地区・大中尾棚田
内容

 

「日本の棚田百選」に選ばれた大中尾棚田では稲刈りを終えた後、毎年恒例、火祭りが行われます。その火祭りを手伝いながら外海の地域の方々と交流しよう!ということで、大中尾棚田保全組合のご協力のもと、GP学生3名(日本人1名、留学生2名)らがボランティアに参加しました。

参加留学生の2人は、6月に田植えのボランティアにも参加したメンバー。「その時も楽しかったから!」「季節を変えて、また外海や大中尾の棚田の風景を見たいから」と今回も意欲満々で参加しました。

祭りのクライマックスで灯す約6千個の筒は、祭りが始まる午前のうちからみんなで並べたり、油を注いでセッティング。祭りが始まると、餅つきや来場者向けの各種イベントコーナーのお手伝い等も頑張りました。

いよいよ日が暮れると、稲がすっかり刈り取られた田んぼ全面に一斉に火が灯され、幻想的なその風景は長い一日の疲れも寒さも全部吹き飛ばしてくれたようです。地域の方々の優しさと、新米や秋の食材、広大な景色に酔いしれた一日になりました。

 

As per its kindness of Oonakao community and farmers’ union consisting of volunteer members who tackle to preserve its terraced rice paddy fields, GP member fellows visited Oonakao to help and experience its local specialty event, as called “Harvesting Lantern Festival (Hi-matsui)” as volunteers.

Some fellows actually participated in planting volunteering work before in June and they had been longing to join in this festival to revisit the field and have a reunion with farmers.

Upon arriving at the venue, volunteer students soon got assigned to help setting about 6,000 lanterns which would be lit afterward in the evening, as the most high-profile attraction of the festival. Some helped set-up, assisted staff in several event areas, clean-up, and such.

There were more locals than expected and weather was all on their side on that day, the whole venue was always filled with vibes. And the sun finally shifted over horizon, countdown began, and then all those lanterns made the scenery so beyond-magical and awesome, so that volunteer fellows forgot to breathe.

Thanks to all those concerned with this event and welcomed the students. Every one of volunteers was so stoked to be there to feel and touch blessings of nature, people’s hospitality (omotenashi), and essence accumulated by their efforts.

 

<参加した学生からのアンケート/Feedback from GP student volunteer>

・(6月の田植えに続いて)こうしてまた大中尾に行き、火祭りに参加することができて私は幸せです。日本の方と話すことで日本語の練習にもなりました。夜になると、火祭りの灯が見るも鮮やかでした。疲れましたが、すべての活動を終えて帰るころには、気分爽快になりました。(ベトナム人男子留学生)/I am very lucky to have opportunity to go to Onakao again joining the harvesting and fire festival. I also have chance to practice speaking Japanese with everyone. In the evening, the fire festival was so amazing. After enjoying the volunteer work, all the stress was released, I felt better again. (Vietnamese male student)

・美味しいごはんときれいな景色に感動しました。外海の自然と地元の人との交流を満喫できました。外海のみなさんの温かい歓迎を受けて、自分の故郷や家族のことを思い出しました。(日本人女子学生)/Delicious foods and landscape were all fantastic. I enjoyed feeling nature and interacting with people in Sotome area a lot. Warm cozy atmosphere they made brings me back memories of my family and home town. (Japanese female student)

 

南部 協働 

「伊王島TT(伊王島タイムトライアル)を盛り上げよう!」ボランティア

日程
2019年11月2日(土)~11月3日(日)
場所
伊王島周辺
内容

 

2016年から始まり今年で4回目となる「伊王島タイムトライアル(通称:伊王島TT)」の開催運営に、GPからも留学生1名がボランティアとして参加しました。

同学生が参加したのは一日目で、当日は「キッズデュアスロン」という、子どもたちがラン&バイク&ランを行う競技が開催され、コースから外れて走っていってしまう子どもを誘導したり、泣き出す子どもをあやしたりと、賑やかな活動になりました。

大人でもきついだろうコースを全力で駆けたり、コマ付きの自転車を一生懸命こぐ子どもたちと触れ合って、楽しい一日になったようです。

 

  • 出典)長崎アイランズアクト3のHP

    出典)長崎アイランズアクト3のHP

南部 協働 

Halloween Festival Volunteer at Local Shopping District (Shin-Daiku Machi)/新大工町商店街ハロウィンパーティボランティア

日程
2019年10月26日(土)10:30~17:00
場所
Shin-Daiku Machi Shopping District/新大工町商店街
内容

 

Trick or Treat! It’s Halloween!!

At Shindaiku-machi outdoor shopping district, there holds Halloween Party annually and many volunteer students across Nagasaki are invited to help rock the fest.

It’s no exception this year and many students including exchange fellows of GP participated! 

They all put up in peculiar, spooky, and charming costumes which gave as good impact as those outfits visitor children were wearing! 

There were “flash mob” dance, singing, and even Halloween-styled floats! Many ideas and attractions filled with originality and ingenuity of Shindaiku-machi were good enough for volunteer students to easily become good friends one another.

 

毎年恒例、新大工町商店街で行われるハロウィンパーティーに、今年もボランティアとしてGPメンバー(日本人学生&中国人留学生)を含む多数の学生たちが参加しました。

当日は、地元の子どもたちやご家族連れが、それぞれに様々な衣装をまとって商店街に集まり、通りは大盛況。ボランティアの学生もいろんなキャラクターの仮装をして、子どもを対象とした遊びコーナーを担当させてもらうなど、楽しく活動をさせていただきました。

ダンスあり、歌あり、みこしまで繰り出す新大工町商店街ならではのハロウィンパーティで、少し疲れたものの、パーティが終わる頃には他の学生と新しく友達になったりと、充実感いっぱいの活動になったようです。

 

<Feedback from GP student volunteer/参加した学生からのアンケート>

Owing this opportunity to join in the volunteering work, I could get along with a lot of people. Not only kids but also student volunteers did enjoy Halloween. (Chinese female student)/参加したことをきっかけに、色々な友達ができて、楽しかったです。子どもたちだけじゃなくて私たちボランティアも楽しいハロウィンを過ごすことができました。(中国人女子留学生)