HOME > 活動報告(2019年10月)

活動報告(2019年10月)

南部 GET 

ハロウィンウェルカムパーティー/GP Halloween Welcome Party

日程
2019年10月29日(火)18:00~19:01
場所
長崎大学学生交流プラザ/Student Community Plaza, Nagasaki Uni
内容

 

10月29日(火)は、長崎大学学生プラザでHalloween and welcome party を開催しました!

 

留学生・日本人学生合わせて88人の方が参加してくださいました!ありがとうございます! 

まずは、留学生日本人学生とでグループになり、Halloween にちなんだジェスチャーゲームをしました。言葉は使わずにチームのメンバーでお題をもとにジェスチャーをして回答者に伝えます。

各班、様々な国から集まったメンバーで構成されていましたが、お題が簡単(?)だったせいかどの班もスムーズに答えにたどり着きました。「クモ(spider)」や「おばけ(ghost)」などみんなが見せるジェスチャーがなんとも面白くて楽しい時間でした。

中にはステキな仮装をして来てくれた方もおり、短い時間ではありましたがハロウィン気分を満喫することができました。

また、後期からの留学生にとってはGP初の交流会ということで、パーティーを通して新しい友達ができたようでうれしい限りです。

次のイベントもお楽しみに~☆

(GP学生企画運営委員1年)

 

Thank you for coming Halloween and welcome party !!!!
88 students came to this party!
It was so wonderful.
For one hour, we enjoyed playing Halloween gesture game and talking with friends.
And more, many students could make new friends in this party,so come to next party again!!
We will definitely keep you updated and contact you again for the next party date and details.

Keep following our GP's instagram account and it'll be grateful if you introduce the GP account to your friends! Haha!!
Looking forward to seeing you at a next GP event!!

 (Japanese female student of GP Students Planning Committee)

 

南部 北部 GET 

出張!オープンキャンパス

日程
2019年10月27日(日)13:00~16:00
場所
佐世保市総合教育センター 講堂
内容

  10/20(日)は長崎県庁エントラスホールにて、10/27(日)は佐世保市総合教育センターにて大学コンソーシアム長崎主催「出張!オープンキャンパス」を行いました。

  昨年度に引き続き、今年も沢山の中高生や保護者の方々がご来場くださり、とても貴重な時間を過ごすことができました!参加者の中には、驚いた事に大学に興味を持っているという小学5年生のお子さんまでご参加くださいました。

  「学生目線」での各学校での学び、日頃の生活、将来の事について紹介すると共に、中高生や保護者の方々と一緒にお話をさせてもらいました。

  参加者のみなさんが、真剣に学生のプレゼンを聴いてくださり、たくさん質問をされる姿を拝見し、将来のことについてしっかり考えている様子にこちらも刺激を受けました。

  受験の近い高校生は、実際に志望大学に通う学生と話すことで勉強へのモチベーションが上がってくれていたらうれしい限りです。頑張れ!受験生!!

 

  また、それぞれの学校から集まったプレゼンター同士が触れ合う中で、私たち自身楽しみながら長崎県内の大学について知ることができました。今回のように、県内11大学等が一つの場所に集まることは珍しく、各学校の学生同士互いに話をすることができて、とても有意義な時間となりました。

 

  各学校のプレゼンテーションはもちろん、途中企画の大学○×クイズ! でも盛り上がりましたね!学生たちの、楽しく生き生きとした姿をたくさん見てもらえたのではないでしょうか?

 

  参加してくださった皆様、本当にありがとうございました!

 

南部 協働 

Halloween Festival Volunteer at Local Shopping District (Shin-Daiku Machi)/新大工町商店街ハロウィンパーティボランティア

日程
2019年10月26日(土)10:30~17:00
場所
Shin-Daiku Machi Shopping District/新大工町商店街
内容

 

Trick or Treat! It’s Halloween!!

At Shindaiku-machi outdoor shopping district, there holds Halloween Party annually and many volunteer students across Nagasaki are invited to help rock the fest.

It’s no exception this year and many students including exchange fellows of GP participated! 

They all put up in peculiar, spooky, and charming costumes which gave as good impact as those outfits visitor children were wearing! 

There were “flash mob” dance, singing, and even Halloween-styled floats! Many ideas and attractions filled with originality and ingenuity of Shindaiku-machi were good enough for volunteer students to easily become good friends one another.

 

毎年恒例、新大工町商店街で行われるハロウィンパーティーに、今年もボランティアとしてGPメンバー(日本人学生&中国人留学生)を含む多数の学生たちが参加しました。

当日は、地元の子どもたちやご家族連れが、それぞれに様々な衣装をまとって商店街に集まり、通りは大盛況。ボランティアの学生もいろんなキャラクターの仮装をして、子どもを対象とした遊びコーナーを担当させてもらうなど、楽しく活動をさせていただきました。

ダンスあり、歌あり、みこしまで繰り出す新大工町商店街ならではのハロウィンパーティで、少し疲れたものの、パーティが終わる頃には他の学生と新しく友達になったりと、充実感いっぱいの活動になったようです。

 

<Feedback from GP student volunteer/参加した学生からのアンケート>

Owing this opportunity to join in the volunteering work, I could get along with a lot of people. Not only kids but also student volunteers did enjoy Halloween. (Chinese female student)/参加したことをきっかけに、色々な友達ができて、楽しかったです。子どもたちだけじゃなくて私たちボランティアも楽しいハロウィンを過ごすことができました。(中国人女子留学生)

 

南部 協働 

観光客と交流しよう!長崎まちなか道案内隊ボランティア/Nagasaki Students Volunteer Guides

日程
2019年10月26日(土)09:45~12:00
場所
松山町、平和町、浜口町/Around Matsuyama-machi/Heiwa-machi/Hamaguchi-machi
内容

 

恒例の長崎まちなか道案内隊ボランティアに、今回は韓国からの留学生が参加してくれました。留学生ならではの視点で活動できたようで、やりがいを感じながらボランティアをすることができました。

 

【参加留学生からの感想】

本当にやりがいのある活動でした。自分も旅行中に迷った経験があったので、今度は観光客の方に道のご案内をしたいと思ってこの活動に申し込みました。でも、自分もむしろ一緒にボランティアに参加していたリーダーにすごく助けていただきました。おかげさまで、頑張って参加できて楽しかったです。これからももっと人の役に立つ活動をしたいと感じました。

 

南部 北部 GET 

出張!オープンキャンパス

日程
2019年10月20日(日)13:00~16:00
場所
長崎県庁エントランスホール
内容

 

10/20(日)は長崎県庁エントラスホールにて、10/27(日)は佐世保市総合教育センターにて大学コンソーシアム長崎主催「出張!オープンキャンパス」を行いました。

昨年度に引き続き、今年も沢山の中高生や保護者の方々がご来場くださり、とても貴重な時間を過ごすことができました!参加者の中には、驚いた事に大学に興味を持っているという小学5年生のお子さんまでご参加くださいました。

「学生目線」での各学校での学び、日頃の生活、将来の事について紹介すると共に、中高生や保護者の方々と一緒にお話をさせてもらいました。

参加者のみなさんが、真剣に学生のプレゼンを聴いてくださり、たくさん質問をされる姿を拝見し、将来のことについてしっかり考えている様子にこちらも刺激を受けました。

受験の近い高校生は、実際に志望大学に通う学生と話すことで勉強へのモチベーションが上がってくれていたらうれしい限りです。頑張れ!受験生!!

また、それぞれの学校から集まったプレゼンター同士が触れ合う中で、私たち自身楽しみながら長崎県内の大学について知ることができました。今回のように、県内11大学等が一つの場所に集まることは珍しく、各学校の学生同士互いに話をすることができて、とても有意義な時間となりました。

各学校のプレゼンテーションはもちろん、途中企画の大学○×クイズ! でも盛り上がりましたね!学生たちの、楽しく生き生きとした姿をたくさん見てもらえたのではないでしょうか?

参加してくださった皆様、本当にありがとうございました!

南部 協働 

令和元年度秋季「時津港沿岸のごみ拾い」ボランティア /Coastal Cleanup Volunteer at Togitsu Harbor

日程
2019年10月19日(土)08:50~11:01
場所
時津港/Togitsu Harbor
内容

 

連日の台風により、いまひとつすっきりしない天気が続いていましたが、10月19日はなんとか天気が持ちこたえ、GP留学生3名(中国)を含む多くの学生や時津町の住民の方たちが、半年に1度、定期的に開催される時津港沿岸のゴミ拾いに参加しました。

 

GP留学生3名のうち2名は9月末に来日したばかりの学生で、初めて自力でバスに乗って時津港まで行かなくてはならないものの、環境問題への意識が高く、意気軒高に現地へ向かいました。

 

結果、午前中2時間だけで、総勢100名近いボランティア参加者が収集したゴミの総量は990キロ近く。新規GP留学生の情熱に拮抗するかのような、相変わらずの多さでした。

今回は特に、流木や小枝をこんなところまで運んできた直近の台風18号や19号の威力を痛感することにもなりましたが、やりがいと充実感もしっかり感じることができたようです。

 

 <参加学生の声>

・みんなで、環境を守るために、腕を組んで取り組む感じが最高でした!(中国人女子留学生)

・参加してきたみなさんは誰でも勢いよく、一生懸命やっていまして、大変感動しました。(中国人女子留学生)

 

  • 写真提供)NPO法人コミュニティ時津

    写真提供)NPO法人コミュニティ時津

  • 写真提供)NPO法人コミュニティ時津

    写真提供)NPO法人コミュニティ時津

  • 写真提供)NPO法人コミュニティ時津

    写真提供)NPO法人コミュニティ時津

南部 協働 

「ウォーリーギネス世界記録チャレンジ2019」ボランティア

日程
2019年10月13日(日)13:00~16:30
場所
ハウステンボス
内容

 10月13日にハウステンボスで「ウォーリーギネス世界記録チャレンジ2019」が行われ、たくさんの学生がボランティアとして参加しました。

 「ギネス世界記録」が生まれる瞬間に立ち会える機会はめったにないため、興味津々で活動に参加した学生たち。それと同時に「ハウステンボス」での開催ということも魅力の一つだったようです。

 思ったより参加者が少なかったようですが、初めての経験に学ぶことの多い活動となりました。

  

【参加学生の感想】

・ギネス記録挑戦イベントのボランティアを参加するのは初めてで面白かった。また、ハウステンボスの入園チケットをもらってよかった。ボランティア活動終了後ゆっくり散策しました。いい体験になりました。

・ハウステンボスを盛り上げるために、こんなにもたくさんの人が協力してくれていたことに感動しました。

・友人に誘われて参加してみましたが、メールや現地での対応もとても良く、今回のボランティアは良い経験になりました。

 

  • 出典)ハウステンボス公式Twitter

    出典)ハウステンボス公式Twitter

南部 協働 

V・ファーレン長崎ホームゲームスタッフボランティア/V Varen Nagasaki Home Game Staff Volunteer

日程
2019年10月12日(土)13:00~18:00
場所
トランスコスモススタジアム長崎(諫早市)/Transcosmos Stadium in Isahaya city
内容

 

毎月、Vファーレン長崎のホームゲームに携わるさまざまな業務を手伝う「Vファーレン長崎スタッフボランティア」というお馴染みの活動。

今回GPからは、後期からの新入留学生がたくさん活動に参加しました。オーストラリア、韓国、ガーナ、台湾、中国、ナイジェリアから総勢12名。「サッカー大好き!」「母国でスポーツに関わる活動をしてきたから」「新しい友達が誘ってくれたから」と、意欲満々で当日を迎え、一度も訪れたことのない諫早まで全員で汽車に乗っていき、活動し、観戦してみんなで仲良く長崎に戻ってくる、という長い一日になりました。

残暑がまだ少し残っていたためか日中は暑くなりましたが、参加学生たちは日本のサッカー文化や、大きな試合の裏側に触れたり、学生以外の一般の日本人ボランティアとの交流から地域社会での生きた日本語を学べたり、と有意義な時間を過ごしたようです。

Here in Nagasaki, we have a professional soccer team called "V-VAREN NAGASAKI" and it is one of vigorous teams of Japan League (J-2). 

When it takes on its rival teams on its home field, Isahaya stadium, such as once or twice in a month, it calls for many home game volunteers to successfully run games. Participant students usually join in task force such as logistics, trash collecting, set-up/breakdown, greeting stations, and so forth.

 

At the very beginning of August, V Varen Nagasaki met “JEF United Chiba” from the Kanto region at home here in Nagasaki and many GP fellows participated in as volunteers. 

This time, it is noteworthy that many international students who have newly arrived Nagasaki from this fall and registered with GP took this opportunity to show their potentials and show enthusiasm.

Their backgrounds vary such as Australia, China, Ghana, Nigeria, South Korea and Taiwan.

“Are they sure to go all the way to Isahaya they’ve never been on their own?” “Won’t it be a little too tough for them to engage in this activity which needs a lot of standing and Japanese communication?”

-Well hopefully and finally, there turned out to be nothing to worry about.

All the fellows tagged along each other in a group to go back and forth from Nagasaki to Isahaya, and each seemed to have experienced and acquired, respectively, many fruits through brand-new cultures.

 

<参加学生の声/Feedback from GP student volunteers>

・サッカーが好きで参加するようになっていろんな人に会ってよかったです。また日本語をたくさん使って有益でした。(韓国人女子留学生)/I joined in this activity because I love soccer. Participating in this volunteering work gave me to make new friendship with new people. Plus, I could make the most of this chance to utilize my Japanese. (South Korean female student)

・サッカーファンとして、今回、日本でのスポーツ文化や、スポーツイベントにおける日本人の姿勢、熱量などを体験できる貴重な経験となりました。(ガーナ人男子留学生)/As a soccer fan, this was an opportunity for me to interact and work with Japanese people and observe their attitude, enthusiasm and passion when it comes to sports. (Ghanaian male student)

・高校生からお年寄りまで、日本の方のボランティア活動への積極的な姿に感動しました。(中国人女子留学生)/Japanese men and women of any age were proactively engaging in this volunteering work as a part of their society. It touched at my heart. (Chinese female student)

・外国人ボランティアが活動しやすい環境がもっと整えば、ボランティア層やボランティアチームの運営方法にもっと多様性が出て良いものになると思います。(ナイジェリア人男子留学生)/More efforts are hoped to be placed on getting the services of more int’l students so that the program will be more colorful and the team to be more globalized. (Nigerian male student)

 

南部 協働 

観光客と交流しよう!長崎まちなか道案内隊ボランティア/Nagasaki Students Volunteer Guides

日程
2019年10月12日(土)09:45~12:00
場所
松山町、平和町、浜口町/Around Matsuyama-machi/Heiwa-machi/Hamaguchi-machi
内容

 10月12日、毎月恒例の長崎まちなか道案内隊ボランティアにGPより2名の日本人学生が参加しました。

 一年を通して観光客と触れ合いながら学生ならではのおもてなしを長崎でしよう!と学生が立ち上げたこのボランティア。リーダーである4年生の女子学生を筆頭に、これまでたくさんの留学生や日本人学生が参加し、観光客のみなさんに長崎の紹介をしたり楽しくお話をしたりして活動をつなげてきました。

 今回も、声をかけてくれた外国からの観光客と様々なお話をする中で、このボランティアのやりがいや喜びを味わいながら活動することができたようです。

 長崎のことを少しでも多くの観光客に知ってもらいたい。少しでも楽しい時間を長崎で過ごしてほしい。学生たちの活動はささやかではありますが、その想いに触れた観光客のみなさんを笑顔にしてくれていると信じています。

 さて、次回の活動ではどんな方と出会えるでしょうか。楽しみです!

 

南部 協働 

クルーズ客船通訳ボランティア(韓国語)/Volunteer Guide Interpreter for Cruise Ship Passengers (Hangul)

日程
2019年10月12日(土)
場所
松ヶ枝国際ターミナルビル内の観光案内所
内容

 

毎年定期的に開催されるクルーズ客船受入れ時の通訳ボランティア。

10月には久しぶりに韓国のお客様が多数乗船した大型客船が長崎へ寄港するということで、GPからは、9月に来日したばかりの韓国人留学生ら4名がボランティアへ名乗りを上げてくれました。

つまり、彼らはこのクルーズ客船通訳ボランティアに初体験だったわけですが、ボランティア受け入れの担当者談によると、初めての活動とは思えないほど皆、スムーズに乗船客へご案内ができており、大変頼もしかったということでした。

 

<参加学生の声>

・小さいけど、留学生として社会に貢献したいと思って参加しました。やりがいがありました。(韓国人男子留学生)

・韓国語で長崎の観光地を紹介しましたが、(長崎に来て)半年過ぎてもまだまだ知らないことがたくさんあってもっと長崎について知りたいと思いました。(韓国人女子留学生)