HOME > 活動報告(共修)

活動報告(共修)

南部 北部 共修 

「グローカルリーダー育成基礎講座」~基盤となる力とその育成~ ⑤

日程
2018年7月28日(土)
場所
サテライト長崎会場(大波止ビル7F)
内容

 

本講座の最終回は、場所をサテライト長崎会場(大波止ビル)に戻して行われました。

 

まず、共修事業として7月8日(日)に長崎大学で行われた「第5回GETプレゼンテーション大会」本選(※)の運営を振り返って、代表の2名が総括を発表しました。

プレゼンターや観客、スタッフから高い満足度を得たことから、GP学生スタッフであり本講座の受講生が掲げてきた「プレゼンターが自分の思いを発信するために」という開催目的が達成できたという報告がありました。

前年度大会の反省を生かして今回の大会で工夫したり新しく取り組んだこともありましたが、開催当日までに様々なハプニングや困難もあったようです。本大会のプレゼンテーションテーマは「Adversity(逆境)」でしたが、運営側の学生らにとっては本大会の企画・運営がまさに逆境だったのかもしれません。それらを乗り越え、「本大会の運営を通して身に付いた力」として、「①速い判断で指示する力」「②自分で判断して積極的に行動する力」「③一度立ち止まって意見を出し合い、協力する力」が挙げられました。大学生なので決してスマートではなく、じたばたもがきながらではありましたが、当日まで全力でやりぬいたことが伝わってきました。

 

総括発表の次は自主企画の発表です。

受講生それぞれが、プレゼンテーション大会の運営、準備に日々関わりながら、グローバルな視点で地域における課題を捉え、解決していくための企画を練ってきました。代表して2名の学生が各々に企画の概要を発表してくれました。

1人は、「地元の食材と人」と「世界の郷土料理と食文化」をつなげることを目的としたGLOCAL COOKING DAY開催を提案しました。長崎で古くから栽培されてきた「新長崎長茄子」や、漁獲量を誇る長崎県産真鯛に着目した例も紹介されました。

もう1人の企画は、長崎の田舎にある美味しいお店を日本人、留学生を問わず大学生が評価したり投稿したりできるサイトの立ち上げなどによって、隠れた名店やグルメのPRにつなげ、地域の活性化を図るというものです。

 

そのあとは、2グループにわかれて、グループ内で、1人ずつプレゼンテーション大会に関わっての自己反省や気づき、自分の自主企画の披露がありました。最後には各グループに同席していただいた外部講師から助言や感想など、フィードバックをもらいました。

 

本講座はグローカルリーダーになるための基礎固めとして行われ、今回で全課程は終了となりました。土台がようやく出来たところで、骨組みを作り始めるという次の1歩を踏み出すのは受講生各人次第です。これまでにない急速な変化を伴う社会で、自己を見つめ、他を受容し、つなげて協働していく。容易ではないかもしれませんが、踏み出し続けていってくれることを期待します!

 

※下記リンクにて、同大会における本講座受講生を含むGPスタッフの運営の様子や本選の概要をご覧いただけます。

 

南部 北部 共修 

プレゼンテーション力 養成講座 ④

日程
2018年7月8日(日)
場所
長崎大学スカイホール
内容

 

プレゼンテーション力 養成講座も、いよいよ第4回目、最終講義となりました。

 

前回の講義では、長崎大学内で開催された「第5回GETプレゼンテーション大会」予選会(※)を観覧し、16名の学生プレゼンター(内10名は本講座受講生の中からの出場)のプレゼンを審査するという、評価方法の実践を行いました。

 

今回は同大会の本選が開催されたのに合わせて、本選出場を果たしたプレゼンターのプレゼンを観覧し、再び審査するという内容です。しかし、プレゼンターのプレゼン持ち時間が予選会の時の各自2分から、本選では5分に拡大したり、予選会から本選までの2週間の間にプレゼンターがさらに練習と準備を重ねて内容を充実させたこともあり、どのプレゼンも発想に圧倒されたり、表現力にひきこまれるものばかりで、なかなか難しい審査を余儀なくされたようです。

 

ちなみに、予選会を勝ち抜いた6名のプレゼンターには、本講座受講生からなんと3名がファイナリストとして登場しました。審査する立場として客席に座った受講生らは、ともに学んだ仲間を応援しつつ、講座で学んだプレゼンの評価基準に則って、冷静かつ論理的に審査し、実践的学習を通して「プレゼンテーション」について学びました。

 

■「第5回GETプレゼンテーション大会」本選出場ファイナリスト(発表順)

・洪恩穂(HONG EUN SOO)/長崎国際大学

・目代実穂渚(Mihona Mokudai)/長崎国際大学

・上妻裕子(Yuko Kozuma)/長崎大学 ※本講座受講生

・于曉雯(YU XIAOWEN)/長崎大学

・金白燮(KIM BAEK SUB)/長崎国際大学 ※本講座受講生

・直塚大成(Taisei Naotsuka)/長崎大学 ※本講座受講生

 

互いに切磋琢磨してプレゼンテーション力を身につけてきた4回の講座もこれにて終了です。みんなが残りの学生時代やそのあと社会に出てからも、自分の存在や意見を周りにどんどんプレゼンしていってくれることと期待します!

そして、最優秀賞に輝いた金白燮さん、おめでとうございました!

 

■下記リンクにて、本選全体の概要、様子をご覧いただけます。

 

 

  • 世界的人気ゲームを題材に使った斬新なプレゼンを発表する受講生プレゼンター

    世界的人気ゲームを題材に使った斬新なプレゼンを発表する受講生プレゼンター

  • ルーブリック(審査基準)に則って、プレゼンターを評価する受講生

    ルーブリック(審査基準)に則って、プレゼンターを評価する受講生

  • 6人6通りの「逆境」をプレゼンしたファイナリストたち。受賞した人も逃した人も皆晴れやかに

    6人6通りの「逆境」をプレゼンしたファイナリストたち。受賞した人も逃した人も皆晴れやかに

南部 北部 共修 

「グローカルリーダー育成基礎講座」~基盤となる力とその育成~ ④

日程
2018年7月8日(日)
場所
長崎大学スカイホール等
内容

 

本講座の第4回目は、共修事業「第5回GETプレゼンテーション大会」本選会本番の運営です。

 

2週間前の予選会での学びや反省、気づきを生かして、各自の役割、任務に就きました。

さらに予選会と違って本選の今回は一般公開とし、観覧者を公に募ったために、大学生や高校生、メディアなど多数の来場者を迎えることに。また、予選会を勝ち抜いた精鋭プレゼンターの緊張もさらに高まり、「授業だから」という意識より「絶対成功させるぞ」との気合十分でそれぞれが臨みました。

 

結果、総勢230名が来場しましたが、大きなトラブルなく、最後まで各担当部署で綿密に連携をとりながら運営を終えることができました。

 

予選会同様、積極的な発言や、スケジュール管理、課題解決に向けての取り組み、組織全体の調整などが求められる実践型の講義となりましたが、まちがいなく予選会よりもそのリーダー性の資質を高める機会になったことと思います。

 

※下記リンクにて、本講座受講生を含むGPスタッフの運営の様子など、本選全体について、ご覧いただけます。

 

  • 担当部署ごとに入念な打合せ

    担当部署ごとに入念な打合せ

  • 主体的に動いて運営を支えます

    主体的に動いて運営を支えます

南部 北部 共修 

「グローカルリーダー育成基礎講座」~基盤となる力とその育成~ ③

日程
2018年6月24日(日)
場所
長崎大学スカイホール等
内容

 

本講座の第3回目は、いよいよ、共修事業「第5回GETプレゼンテーション大会」予選会本番の運営でした。

それぞれが運営部、企画部、広報部、渉外部に属し、当日までの役割を遂行し、当日の任務に就きました。

当日までの期間と当日において、積極的な発言や、スケジュール管理、課題解決に向けての取り組み、組織全体の調整など、どこまで発揮・達成できたのか。

予選会自体は恙なく、大盛況で終えましたが、7月8日(日)の本選(本講座第4回目)の企画、運営に向けてそれらをしっかり自己評価する機会となりました!

※下記リンクにて、本講座受講生を含むGPスタッフの運営の様子など、予選会全体について、ご覧いただけます。

 

  • 企画運営力を発揮する初めての大きな場。5月の合宿講義や前日のリハで得た気付きや力を全開に!

    企画運営力を発揮する初めての大きな場。5月の合宿講義や前日のリハで得た気付きや力を全開に!

  • 無事、予選会終了。しかし2週間後に本選が待ってます。今日の学びをさらに生かそう。

    無事、予選会終了。しかし2週間後に本選が待ってます。今日の学びをさらに生かそう。

南部 北部 共修 

プレゼンテーション力 養成講座 ③

日程
2018年6月24日(日)
場所
長崎大学 教養教育講義棟A-11,12講義室
内容

 

プレゼンテーション力 養成講座の第3回目は、午前中に「非言語スキルトレーニング~表情・ジェスチャートレーニング、ボイストレーニング」、「上手いプレゼンテーションとは?」、「プレゼンテーション評価の仕方」について講義があり、午後から同じ長崎大学内で開催された「第5回GETプレゼンテーション大会」予選会(※)を観覧しました。そして、同大会に出場した16名の学生プレゼンターのプレゼンを審査するという、評価方法の実践を行いました。

 

もちろん、同大会には、本講座受講生の中から10名がプレゼンターとしても参加し、彼らもこれまでの講座で学んだことを生かして、「伝える」「自己を表現する」という実践の場になりました。そしてこの10名の中から3名が7月8日(日)開催の本選に勝ち進みました!

 

  • ルーブリック(審査基準)に則って、プレゼンターを評価する受講生

    ルーブリック(審査基準)に則って、プレゼンターを評価する受講生

  • 講座担当教員がプレゼンターとして出場する受講生に本番前のアドバイス

    講座担当教員がプレゼンターとして出場する受講生に本番前のアドバイス

  • 講座で学んだプレゼンの様々なスキルを使ってメッセージを届ける受講生プレゼンター

    講座で学んだプレゼンの様々なスキルを使ってメッセージを届ける受講生プレゼンター

南部 北部 共修 

「グローカルリーダー育成基礎講座」~基盤となる力とその育成~ ③

日程
2018年6月23日(土)
場所
長崎大学スカイホール等
内容

 

本講座の第3回目は、グローカルリーダーに求められる資質のひとつである「伝える力」を鍛えることを目的とし、同じくNICEキャンパス長崎で開催されている『プレゼンテーション力  養成講座』(※)を担当している教員より、プレゼンテーション力を強くする方法について講義が行われました。

 

次に、翌日24日に開催される「第5回GETプレゼンテーション大会」の予選会リハーサルを行いました。プレゼンターらのリハーサルは当日の午前中なので、このリハーサルは企画・運営を担う側の細部調整、設営、進行確認です。学生それぞれが、本番に備えて自身の役割や業務を明確に認識し、「どのように企画・運営に関わるべきか」を常に留意して取り組むことが求められる実践トレーニングとなりました。

 

  • 審査員や観覧者の審査点数を集計する担当スタッフ。間違いが許されないので準備に余念なし!

    審査員や観覧者の審査点数を集計する担当スタッフ。間違いが許されないので準備に余念なし!

  • 観覧者の受付スペースも設営を万全に。担当みんなで手順確認もしっかりと。

    観覧者の受付スペースも設営を万全に。担当みんなで手順確認もしっかりと。

  • 予選会本番を想定し、何度も何度も運営上の細かい点を確認しました。

    予選会本番を想定し、何度も何度も運営上の細かい点を確認しました。

南部 北部 共修 

プレゼンテーション力 養成講座 ②

日程
2018年6月10日(日)
場所
長崎大学 教養教育講義棟A-11,12講義室
内容

 

プレゼンテーション力 養成講座、第2回目の内容は

・「言語スキルトレーニング~話の組み立て方・言葉遣い」

・「伝わるプレゼンテーションをするコツ」

・「論理的に話す技法」

・「プレゼンテーション実践」

でした。

 

本講座は、来る78日(日)開催の『第5回GETプレゼンテーション大会』(※)(以下「大会」という。)を支援する講座としてNICEキャンパス長崎で開講されているものなので、受講生の多くは624日(日)の予選会にプレゼンターとして出場、または審査する立場として参加します。

 

今回の授業の中では、今年の大会のテーマである「Adversity(逆境)」についてグループごとにブレインストーミングを行う場面もありました。「逆境」の様々な側面がたくさん出されましたが、これらは現代の若者の思考、周りや世界の捉え方、ひいては世相を映し出しているのかもしれません。

南部 北部 共修 

プレゼンテーション力 養成講座 ①

日程
2018年6月3日(日)
場所
長崎大学 教養教育講義棟A-11,12講義室、スカイホールなど
内容

 

プレゼンテーション力 養成講座の初回は梅雨にも関わらず快晴に恵まれました。

GPに所属する学生も含めて、33名が受講。

初回の内容は「プレゼンテーションとは?」ということで、プレゼンテーションの歴史や、スピーチとの違いなどについて、それから「社会人基礎力としてのプレゼンテーション」や「言語スキルと非言語スキル」についての講義でした。

受講生各人が全員の前で約2分間の自己PRを行うというセッションもあり、紙に書いて紹介する学生や、ホワイトボードや身に付けたものをフル活用する学生、体や表情を豊かに使っての紹介もあり、それぞれの個性があふれました。

 

色んな動機や目的、きっかけがあって本講座を受講しようと集った受講生たち。中には、来る7月8日(日)開催の『第5回GETプレゼンテーション大会』(※)の予選に出場することを決意した人もいます。

同大会を含めた全4回の講義を終えるころには、全員が体系的にプレゼンの知識を身に付け、今後の様々な場面を乗り越えるための自己表現力が育っていることと思います。

 

 

南部 北部 共修 

「グローカルリーダー育成基礎講座」~基盤となる力とその育成~ ①

日程
2018年5月19日(土)~5月20日(日)
場所
サテライト長崎会場(大波止ビル7F)、日吉自然の家
内容

 

本講座の初日と2日目は合宿形式で始まりました。

初日は3限目までサテライト長崎会場の大波止ビルにて開講され、聴講生も含めた23名が56名ずつグループに分かれてのスタートです。

外部からグローバル人材、また、地域人として県内企業やNPO、教育現場で活躍する関係者4名(※)を講師に招いて、それぞれが求める資質や能力について講演いただきました。続いてのグループ協議は各テーブルに講師も交え、講師の知見や経験談により深く触れて刺激を受けた学生たちは、「グローカルリーダーとしてこうなりたい」「こうあるべき」という意見を活発に交換させました。

夕方には、その晩の宿泊所となる日吉自然の家に移動し、夕食をとって4限目へ。

共修事業の一環として624日(予選)と78日(本選)に開催されるプレゼンテーション大会を本講座が活用する目的、同大会のテーマを皆で認識し、いよいよ企画・提案・運営を行う土台に立ったところで1日目が終わりました!

 

翌日、2日目もグループ別でのワークです。プレゼン大会の企画の協議、グローカル人材育成のための企画立案など、ミクロ、マクロ両方の視点から現状分析をした上で、提案やグループ内での意見の調整、検討、そして発表を行うという、実践的な演習が行われました。

本講座で初めて出会った学生がほとんどでしたが、実は初日の夜もディスカッションが冷めやらぬまま、夜な夜な語り合った参加者たち。さらに密度の濃い、チャレンジングな内容の2日目も、若さと情熱(休憩などの合間にバスケに興じる体力までも!)がフルに発揮され、はつらつとアイデアを繰り出し、耳を傾け、時に意見の衝突も楽しんで、最終7限目が終わるころにはすっかり「グローカルリーダーを目指す同志」意識が育まれました。

いよいよ次回623日からはプレゼンテーション大会へ向けた実践です。

 

※外部講師(敬称略)

・力武賢治  不動技研工業(株)副社長

・桐野紘一  NPO長崎コンプラドール理事長

・一ノ瀬憲二 県立長崎東高等学校教諭(SGH:スーパーグローバルハイスクール担当) 

・阿部美和子 ナガサキマチナカ女子部代表

 

南部 共修 

プレゼンテーション力養成講座

日程
2017年6月11日(日)
場所
長崎大学・出島交流会館
内容

プレゼンテーションについての知識やスキルについて、4回の講義を通して勉強しました。表情やジェスチャー、ボイストレーニングなどについても学ぶことができ、今後様々な場面で活かされる知識を得ることができました。集大成として参加したプレゼンテーション大会では、プレゼンターや観客として講座での学びを深めることができました。