HOME > 活動報告

活動報告

南部 その他 

「大学生観光まちづくりコンテスト2019 長崎のしまステージ」ポスターセッションへの出場

日程
2019年9月12日(木)
場所
長崎市市民生活プラザホール(メルカつきまち5F)
内容

 大学生が新しい地域観光振興のアイデアを競う「大学生観光まちづくりコンテスト2019(※)」の長崎のしまステージ成果発表会が9月12日に長崎市内で開催され、GPから1~2年生のチーム「カントリー・ガールズ」がポスターセッションに出場しました。

 長崎県外者が多いチーム編成ということもあり、学生たちはまず週に1回集まり、このコンテストの意義や離島を知ることから始めました。そして、自分たちのプラン実施場所を新上五島町に決定した後は実際に島を訪れ、商工課の方から話を聞いたり体験活動をさせてもらったりする中で、彼らなりの課題を見つけました。

 そして考えたプランが『YouTuberコンテスト~海を越えて~』。

 実際に新上五島町を訪れ、たくさんの魅力に気づいた彼らだからこそ考えついたこのプランは、同町の魅力を今よりも更に広く、上手に情報発信することを目的に考えられました。

 フィールドワーク、プランニング、プレゼンテーションの練習など、どれもが初めての経験となる学生が多く、苦労もたくさんありました。

 ポスターセッションでは、原稿を何度も見返し緊張しながら練習していましたが、本番は堂々と自分たちのまちづくりに対する想いを発表することができました。

 他チームの本選でのプレゼンテーションや、ポスターセッションも観覧したことで、自分たちに足りなかったもの、本選へ進めなかった悔しさなど、心に湧きあがったものや得た学びも多くありました。

 この経験が彼らの今後のGPの活動、学生生活、社会に出てからの現場で生きてくることを期待します!

 

  • プラン作成までのミーティング

    プラン作成までのミーティング

  • 実地調査では商工課の方からお話を伺いました

    実地調査では商工課の方からお話を伺いました

  • ポスターセッションでの発表

    ポスターセッションでの発表

南部 北部 その他 

第16回全国大学コンソーシアム研究交流フォーラム

日程
2019年8月31日(土)~9月1日(日)
場所
熊本学園大学
内容

 831日(土)、91日(日)の2日間、第16回全国大学コンソーシアム研究交流フォーラムが開催され、当事務局からも職員が参加しました。

 今年度の開催場所は熊本!2日間で全国各地の高等教育機関・行政等の関係者約300名が集結しました。

 今回の大会のテーマは、「大学コンソーシアムとともに始まる大学づくり」。

 1日目はプレイベントのワークショップに始まり、基調講演やシンポジウム、ポスターセッションなどが行われました。

 まず基調講演では、「大学コンソーシアムとキャンパスアジアの可能性」と題し、熊本県立劇場館長でもある姜尚中氏(長崎ウエスレヤン大学学院長)の講演が行われました。日本の抱える最大の課題である地域社会の持続的な再生産の展望を見据え、九州の中心に位置する熊本県での大学コンソーシアムと「キャンパス・アジア」の未来について講演されました。行政や産業、商工や文化、研究や教育など、多様かつ越境的な領域とかかわる「観光」を例にしながら、これからの大学コンソーシアムの目指すべき将来像を、地域の外延を東南アジアを含む東アジアにまで拡大し、世界を視野に広く展開していくことについての提案がなされました。

 またシンポジウムでは、その基調講演を受け、産学官から識見豊かなリーダーを招いて多角的に意見交換するとともに、大学コンソーシアムに期待されるもの、およびその使命や課題などについて議論し、時代が大きく変化しつつあるなか、これからの大学コンソーシアムのあるべき姿について考えました。

 ポスターセッションでは、20の団体が出展し、各コンソーシアム組織の取り組みについて紹介が行われました。参加者同士で日頃の活動に対する質問や感想を交わすことができ、よい交流の場となりました。

 分科会ではそれぞれのテーマをもとに実践事例報告や参加者との意見交換等が行われました。

 

 今回の大会参加で、他地域での取組みについて直接知ることができ、新しい発見や課題も多く見えた2日間であり、今後長崎で活動を展開していくうえで大変参考になるものでした。改めて、主催団体や協力団体のみなさまにお礼を申し上げます。

 来年は大阪で開催予定なので、また関係者が参加できることを楽しみにしています!

 

  • ポスターセッションの様子

    ポスターセッションの様子

南部 協働 

大村イングリッシュサマーキャンプ/Omura English Summer Camp Assistant Volunteer

日程
2019年8月18日(日)~8月20日(火)
場所
大村市野岳湖公園
内容

 

大村市内の小学校5、6年生の子どもたちと英語を用いたゲームやレクリエーションなど様々な活動を行う3日間のイングリッシュサマーキャンプ、今年も開催されました。昨年に引き続き、子どもたちの積極性や英語学習への意欲を引き出すお手伝いのボランティアとして、GP登録留学生にもお声がかかり、エジプト、タイ、バングラデシュ出身の学生3名が参加しました。

同キャンプは大村市主催の毎夏恒例のキャンプ。アルファベットに親しんだり、簡単な英語での挨拶ができるようにと工夫が凝らされた各種アクティビティが盛りだくさんで、毎年大盛況です。

今年は3名の留学生のうち、日本語に不慣れな学生もおり、最初は小学生とのコミュニケーションに時間がかかったようですが、同学生も持ち前のフレンドリーな性格でどんどん英語で小学生に質問攻撃。小学生にとっては逆に否応なく英語を使わないといけない環境に置かれることになったので、結果として、とても実践的な学習の場になったようです。

GP留学生3名以外にも他大から数名の留学生が参加していたり、日本の小学生とボランティア留学生全員で寝食を共にすることで、国境を越えた友情や消えることのない思い出を手に入れることができました。

 

There held the English Summer Camp for elementary school kids in Omura. This camp is annually planned and run by Omura municipality and has lots of organized fun activities for kids to promote participant kids to get familiar with English and nurture a sense of their role as a world citizen.

Followed by last summer, Omura city hall eagerly invited some international students of Nagasaki uni then GP selected its 3 fellows to join in the camp as assistant volunteers to spend 2 nights with kids, assisting and inspiring them to learn English.

Despite the bad weather and language barrier (which was fully expected beforehand!), the camp was successfully made to happen as an amazing international experience for both kids and volunteer students as well as all the others involved. 

 

 

南部 協働 

折り鶴パフォーマンスボランティア/“Origami Paper Crane Performance” Volunteer

日程
2019年8月9日(金)
場所
爆心地公園内“誓いの火”灯火台 (爆心地公園と原爆資料館をつなぐ階段通路の途中)
内容

 

長崎大学のOB有志によって2009年に発足したアートグループNPO「RING ART」(※)が毎年8月9日に開催する「折り鶴パフォーマンス」(※)という活動をご存知でしょうか。

通行人や旅人みんなで平和の願いを込めて色紙で折り鶴を作り、爆心地公園の平和記念館への石段中腹に建つ『長崎誓いの火』という灯火台モニュメントに、折り鶴を貼り付けようというものです。

今夏、その活動にGPの留学生2名がボランティアとして参加し、道行く人に活動の趣旨を説明したり、折り鶴作りを呼び掛けたり、作り方を教えたりました。暑い中でしたが、多くの外国人観光客の方が快く折り鶴作りに加わってくださったようで、参加留学生らは、原爆記念日という大切な日に長崎に居合わせて、国籍関係なく平和を希求する思いを共有できたことに感動していました。

Upon facing August 9, you have chances to encounter many commemorative events held across Nagasaki. Remarkably, GP wants to highlight “Origami Paper Crane Performance” event, one of creative and artistic initiatives by NPO which was established a decade ago by Nagasaki University alumni, since two international students of GP participated as volunteers in this summer.

The purpose of this event has the origin to share the hope for peace through art-oriented activities and successfully has been held four consecutive years.

Following every year, staff members of the NPO and many volunteers called visitors and pedestrians to fold paper cranes, showing how to fold it and asking them to decorate the "Monument for the Nagasaki Flame of Commitment" with cranes. 

GP students amazingly felt honored to be there in Nagasaki on this memorial 8.9 and be a part of this initiative so that they could not help being moved while lots of tourists and passerby willingly joined in the chain of hope.

 

<参加学生からのコメント/Feedback from GP student volunteers>

 

たくさんの外国の方が折り鶴を作って祈ってくれて感動しました。また、国によって、折り鶴の作り方に少しずつ違いがあって、それも興味深く感じたことの一つです。(台湾人女子留学生)/There were a lot of foreigners willing to make a paper crane for praying. I found that  every countries there are some little differences of making paper-crane. It was interesting! (Taiwanese female student)

 

 

南部 協働 

サンセットロード植栽事業ボランティア/Ecology & Environment Volunteer at Nagasaki Sotome Area

日程
2019年8月3日(土)
場所
長崎市西出津町 サンセットロード・砥石崎道路公園~赤首町バス停周辺
内容

 

海に面した国道202号線(通称「サンセットロード」)では毎月一度、まちづくりに取り組む地元のNPOの呼びかけで、サンセットロードの草刈りや清掃作業、道路花壇の植栽などを行っています。

その活動にぜひ若い力が加わってほしいと呼びかけをいただき、GPの留学生4名が参加させていただきました。

当日は活動開始の朝9時前からすでに強烈な直射日光が照りつける猛暑日になりましたが、同NPOの世話役みなさまの丁寧な指導や配慮により、最後まで誰ひとり熱中症になることなく、芋畑の草取りや公園内の水撒き作業をやりきることができました。

活動だけでなく、地元の方との交流や外海の景観に触れることも彼らにとって有意義な経験になったようです。

There is a non-profit organization which tackles to local/community development around Sotome area in Nagasaki and one of its highlighted initiatives is ecology & environment activity held along the Route 202 (so-called “Sunset Road”) once a month.

Thankfully, the organization invited students to join in this activity and 4 international fellows from GP took part in.

As following the severe heat these days, so it was on the day, starting with scorching sun shine from very early morning. Thanks to the precautions and consideration taken by the volunteer host, however, 4 member students got successfully managed to engage in weeding on potatoes fields and watering flower beds in a park and along the road without suffering from heatstroke.

All these works seemed to be a lot of sweat but much worthy doing in regard to cooperating with locals and viewing panoramic landscape of Sotome.

 

<参加学生からのコメント/Feedback from GP student volunteers>

・わずかばかりでも自分にできる方法で、日本や、この長崎の地に貢献したくて参加しました。主催者みなさんや地元の方からたくさんのことを学べて良い機会になりました。(ガーナ人女子留学生)/I participated in this program as my small way of giving back to society. It was a great opportunity to learn from other people. (Ghanaian female student)

・今回のボランティア活動はさつまいも畑の草取りなどで、実は私自身、故郷のアフリカで似たような経験は何度かありましたが、それでも今回の活動はおもしろかったです。主催者の皆さんが、私たちがストレスなく活動できるよう、様々に心を砕いてくれ関わってくれたからです。(ガーナ人男子留学生)/Our volunteer activity was farming (clearing weeds from sweet potato farm) which was quite interesting even though this was not my first time of performing such an activity as I have some experience in farming back in Africa, the organizers did their best in coordinating the activities and made sure we felt comfortable without any stress. (Ghanaian male student)

 

南部 北部 共修 

グローカルリーダー育成基礎講座~基盤となる力とその育成~

日程
2019年7月27日(土)
場所
サテライト会場(大波止ビル7階)
内容

  本講座の最終回は、サテライト長崎会場(大波止ビル)で行われました。

  まず午前中は、前期の活動を振り返り、リーダーとしての素質についてや、今後の活動についてどう取り組んでいくかについて全員で協議しました。そして、午後の授業では、共修事業として7月7日(日)に行った「第6回GETプレゼンテーション大会」本選(※)の運営を振り返り、代表の2名が総括を発表しました。

  県南地区リーダーからは、「人を動かすためには、仲間を信頼し、相手の立場に立ち、何よりリーダー自らが楽しんで活動をする必要がある!」という話がありました。また、途中企画の内容を中心に考えた学生からは、“プレゼンターや観客にリラックスして楽しんでもらうために”心がけたことなどについてプレゼンがありました。

  大会当日には様々なハプニングや困難もあったようですが、それら一つ一つが学びとなり、達成感や各自の反省とともに次の活動につながる基礎となるイベントだったようです。

  総括発表の次は、2グループにわかれて自主企画についての発表が行われました。

  受講生それぞれが、プレゼンテーション大会の運営、準備に日々関わりながら、グローバルな視点で地域における課題を捉え、解決していくための企画を練ってきました。留学生が住みやすい長崎にするための方法、長崎の食や農産品をアピールするイベント、島地区の町おこしについて、、、など、たくさんの企画が学生たちから提案されました。

  最後に、各グループに同席していただいた外部講師から助言や感想など、フィードバックをもらいました。

  講師の先生方には、課題を見つけ、“なぜ?”“何・誰のために?”を忘れず、学生らしい発想で物事を発展させようと努力する学生たちの姿を誉めていただき、また、「一つ一つの活動を自己満足に終わらせることなく、より高みを目指して励んでほしい」「地域の大切さ、人と人とのつながりや顔を合わせて交流することの意義を忘れないでください」といった励ましのお言葉もいただきました。

  本講座はグローカルリーダーになるための基礎固めとして行われ、今回で全課程は終了となりました。土台がようやく出来たところで、骨組みを作り始めるという次の1歩を踏み出すのは受講生各人次第です。これまでにない急速な変化を伴う社会で、自己を見つめ、他を受容し、つなげて協働していく。容易ではないかもしれませんが、踏み出し続けていってくれることを期待します!

  ※下記リンクにて、同大会における本講座受講生を含むGPスタッフの運営の様子や本選の概要をご覧いただけます。

 

南部 GETプログラム 

GP Goodbye Summer Festival

日程
2019年7月19日(金)
場所
長崎大学学生交流プラザ/Student Community Plaza in Nagasaki Univ
内容

<English follows Japanese.>

 

7/19(金)は、長崎大学の学生交流プラザで「GP Goodbye Summer Festival」を開催しました!

 

日本の夏を満喫したい!という留学生・日本人学生が集まり、お祭りのような雰囲気に童心にかえって楽しく活動しました!

 

射的に見立てた輪ゴム鉄砲、輪投げ、うちわ・風鈴づくり、そうめんもみんなで食べ、最後にはスイカ割りで大盛り上がり!!

スイカ割りでは、最後にはスイカでなく棒が割れる~というハプニングもありましたが、初めての体験に留学生はとても楽しでくれたようで、たくさんの笑顔を見ることができ、とても嬉しかったです!!

 

みなさん、夏休みの予定はいかがでしょうか?

長崎では、毎年7月末にみなと祭りが開催されますね!

是非、足を運んで「長崎の夏」を満喫してくださいね〜!

 

GP企画委員も、暑さに負けずこれからも楽しいイベントを作っていきます!!

次のイベント告知をお楽しみに〜☆

(GP学生企画運営委員3年)

 

Here comes summer!

GP held “Goodbye Summer Festival” on Friday, June 19th. 

Why “goodbye”?

Because when summer comes, that means we have exciting events and plans such as festivals, vacations, and many inviting stuffs to do, still at the same time, a lot of exchange students finish their terms and leave out Nagasaki to go back their homes. 

Then GP leader students prepared this opportunity for those fellows to add this to their Nagasaki memories while experiencing Japanese-style summer festivals!!

 

There were a rubber-band gun shooting game, ring toss, calligraphy writing, decorating Japanese wind bells, and more! 

Yummy “somen noodles” stand was always pretty crowded and watermelon was perfect for dessert. Of course, before digging into pieces of watermelon, we all went nut doing “watermelon split”!! 

Everybody seemed to have returned to childlike innocence, and missed to leave out the venue even after the party ended up.

 

Thank you for coming and have a safe nice trip back home. For those who stay, enjoy your summer (after exams and reports!!).

 

 (Japanese female sophomore student, GP Students Planning Committee)

 

 

南部 GETプログラム 

プログラム修了認定証授与式

日程
2019年7月9日(火)
場所
長崎大学教育学部6階633教室
内容

 79日、GPに参加して所定の条件(※)を満たした学生を対象に、プログラム修了認定証授与式が行われました。

 2018年度においてGPの修了条件を満たした長崎大学の学生は3名。後輩たちが見守る中、長崎県内大学間等連携共同教育推進事業の実施体である地域教育総合支援センターの中村センター長より3名へ認定証が授与されました。

 中村センター長からは、修了認定証書はこれまでの努力や活動の証であると同時に、皆さんの想いはここで途切れることなく、これからもGPの理念を持ち続け、地域に貢献し、社会の一員として自分磨きができる人としてがんばってほしい、というお言葉をもらいました。

そして、授与された3名からは、GPに参加して学んだこと、成長できたこと、今後の抱負、後輩へのメッセージなどのスピーチがありました。

 その中で、教員を目指す学生からは、GPの活動を通して自分の将来像を思い描き、これからの自分の進む道について考える機会をたくさん得ることができたとの話があり、また、来年春の就職が決まった4年生の留学生からは、GPでのたくさんの人との出会いを大切にこれからもがんばりたい、とうれしいコメントをもらいました。

 「修了したけれど、GPに関わっていくことは『終了していない』」とのことで、今後も3名が残りの大学生活をGPとともに過ごし、後輩たちの目指す姿として更に活躍していってくれることを期待します。

 

GP修了認定証授与の条件

①所属大学が指定する共修科目(語学コミュニケーション・長崎の歴史と文化・キャリアについて)を修得していること

②社会活動(ボランティアなど)を3日以上修了していること

GETプログラム(学生企画のさまざまな活動)に3回以上参加していること

 

南部 協働 

伊王島ボランティア清掃

日程
2019年7月7日(日)
場所
伊王島町 馬込教会周辺
内容

伊王島では年に1度の市民大清掃が行われます。NPO法人長崎アイランズアクト3が主催となって行われる同清掃は今年で3度目となり、伊王島周辺だけでなく広域の住民や地元企業、また長崎県下の学生にボランティアとしての参加の呼びかけが行われ、GPの学生も参加させていただきました。

以下、参加学生からのコメントです。

・長崎大学にいながらも自分の知らない有意義な活動を主催している団体を初めて知りました。(中国人女子学生)

・地元の人たちと一緒に海岸に捨てられたゴミを拾って、異なるボランティア協会の人たちと一緒に努力して、海の環境を守りました。本当に素晴らしい経験でした。(中国人男子留学生)

 

南部 北部 GETプログラム 

第6回GETプレゼンテーション大会 本選

日程
2019年7月7日(日)
場所
長崎大学 中部講堂/Nakabe Hall, Nagasaki Univ.
内容

  「長崎発グローカル人材育成プログラム(以下「GP」)」学生企画運営協議会では、自らを発信していく力を育成することを目的に、平成26年度からプレゼンテーション大会を開催しています。 

  今年は7月7日(日)に、第6回目の「GETプレゼンテーション大会」本選が長崎大学の中部講堂で開催され、6月23日(日)の予選会で選ばれたファイナリスト6名が決戦に挑みました!

 

  本プレゼン大会は県内11大学等の学生企画によって開催され、企画、準備、当日の運営を行う「GP」の一大イベントです。 

  予選会では1人2分で本大会の今年のテーマである「COLOR」についてプレゼンテーションを行いましたが、本選では各自のプレゼン時間は5分に拡大。また、審査員をはじめ、NICEキャンパスや長崎大学の講座受講生らを含む一般観覧者、GPスタッフなど、総勢250名の前で、プレゼンター全員が思い思いに堂々と「COLOR」についてプレゼンしてくれました。

  本大会を企画、運営したGP学生スタッフたちは、常に「プレゼンターのため」、「観覧者視点で」という目的意識を忘れず、この日のために準備してきました。

  お陰様で、各方面からのアンケートには好評価や満足の声をいただくことができました。 一部をご紹介します。

<<一般観覧者>>

・「プレゼンターのみなさんのプレゼン力に感銘を受けました」

・「大学生の考え方などを知ることができた」

・「長崎の色コーナーでは、知らないことばかりで学ばせてもらいました」

 ・「裏方スタッフの仕事がきちんとできており、頑張っている姿に学生の熱意を感じた」

  当日はスライドが映らなくなるというハプニングもあり、運営面での反省もありましたが、来場者全員に支えられ、本大会は大盛況のうちに幕を閉じることができました。

  企画を立ち上げ、テーマを決めたり分担して仕事を進め、ひとつのものをみんなで作り上げる過程では、いろいろな衝突や意見の違い、考え方のずれもありました。

  その度に話し合い、調整しながら絶えず動きを止めることなく本選の日まで走り続けた企画委員の学生たち。無事に大会が終了した後の全員の顔は、安堵と満足感で満たされていました。この活動で得た学びを今後のGPの企画や学生生活に生かしてくれることでしょう!

 

■受賞プレゼンター

最優秀賞:金田 季子(Ms. Kiko Kanada)/長崎大学(Nagasaki Univ.)

優秀賞:本多 奈和(Ms. Nao Honda)/長崎大学(Nagasaki Univ.)

審査員特別賞:両羽 元貴(Mr. Genki Ryoha)/長崎国際大学(Nagasaki International Univ.)

 

■予選会の様子は下記リンクよりご覧いただけます。