HOME > 活動報告

活動報告

南部 GETプログラム 

カフェトーク/Cafe Talk

日程
2019年6月11日(火)
場所
長崎大学文教キャンパス学生交流プラザ/Student Community Plaza, Bunkyo Campus
内容

 6/11(火)は長崎大学の学生交流プラザでGP月一回の恒例行事「カフェトーク」を開催しました!

 今回は『褒める』をテーマに、お互いの故郷を紹介し合いました!

 まずは、グループになり、アイスブレーキングとして、ヒントをもとに互いの出身地を当てるゲームをしました。

 それぞれ、出身地の「有名な食べ物」「観光地」「お土産」「国旗」などを出し合いながらトークを進めます。

 名前も知らない食べ物や観光地もあり、なかなか難しいゲームとなったようです。また、ヒントを出す番になると、「そういえば私の故郷の名物って何?」と改めて考え直す学生もちらほら。中には、「えー!私の出身地に世界遺産があったなんて!」と新たな発見をする学生もおり、ワイワイと楽しく会話が進みました。

 準備していた日本地図や世界地図を使いながら、まだ行ったことのない友達の故郷についていろいろと知ることができました。

 互いの故郷を褒め合い、知ることで、自分の故郷に対する愛着も更に深まったようです。

 

 その後のフリートークでも、「行ってみたいところはどこ?」「日本でお勧めの場所は?」と、どんどんと話が膨らみ、あったかい雰囲気のカフェトークとなりました。

 

 来月は今夏にお別れする留学生たちと最後のカフェトーク(またはGoodbye Party)になる予定です。みんなで最後の思い出を作りましょう!

 

 “Café Talk*” is a monthly event of GP.

Following the one in April, GP was pleased to welcome about 30 folks to the subsequent one in May!

The theme of this month’s Café Talk was “Recognizing where YOU are from.”

In the beginning, as the icebreaker, each table group kicked off the self-introduction. But not an ordinary self-introduction. The person who took first turn mentioned his or her name, that’s it. Then the person next to him(her) is supposed to tell not only his (her) name but also the name of previous person. So that the latter the turns around, the more names people have to remember and mention all of them. We call this style of icebreaking as “piling up self-introduction.”

After being warmed up enough, we moved on to the main topic, “where are you from?” Each participant never ever revealed the name of city or country where they come from. Instead, just a tidbit of information relevant to the home country or town little by little were allowed to show to the rest people in the group. Given these tips and clues, mates in the group, who sometimes threw questions like “Does your country have rainy season?”, guessed where the questioner’s home country (town). 

Even after they got bingo, some countries were not-yet-explored places for some students, so that new appealing information fresh from questioners has driven many people to visit and learn there.

On the other hand, it turned out to be good opportunity for the questioner students to review and recognize their backgrounds, and worth to say, loyalty to the homeland has surely grown up.

 

Next Café Talk is planned around July to August, which is the season to sadly say goodbye to some exchange students leaving Nagasaki. Farewell party, goodbye café talk… Either way, GP is excited to have all of you to go nuts together exchanging our glocal spirits! See you!!

 

  • おいしい食べ物に美しい景色の話…

    おいしい食べ物に美しい景色の話…

  • 「北海道に行ってみたい!」と学生たちは大盛り上がり!

    「北海道に行ってみたい!」と学生たちは大盛り上がり!

  • 最後は恒例の「はい!GP~!!」

    最後は恒例の「はい!GP~!!」

南部 協働 

クルーズ客船通訳ボランティア(中国語)/Volunteer Guide Interpreter for Cruise Ship Passengers from Taiwan

日程
2019年6月10日(月)
場所
松ヶ枝国際ターミナルビル内の観光案内所/Nagasaki Port Matsugae International Cruise Ship Terminal
内容

 

毎年定期的に開催されるクルーズ客船受入れ時の通訳ボランティア。

台湾からの大型客船の長崎への寄港ラッシュは6月に入っても続き、5月に引き続いて今月10日にも台湾のGP留学生が参加してくれました。今回で4回目の参加というベテラン学生もいて、下船してきたお客さんへの対応はすっかり板についたようです。

日本は今、各港、空前の外国籍大型客船の寄港ブームになっていますが、留学生やその国の言語を勉強する日本人学生がボランティアとして客船のお客様、乗務員たちをもてなす活動は、長崎が寄港地として選ばれ続ける一つの誇れる理由かもしれません。

 

Here in Nagasaki, there is a cruise ships doc at Matsugae Pier and many international cruise ships call at this port every year.

Then, GP regularly recruits volunteer guide interpreters for cruise ship passengers, upon taking on a request from Nagasaki city who manages the cruise ship port call schedule.

Cruise ship passengers are given certain amount of time to disembark and travel around a destination’s tourist attractions once a ship drops in a port. In this regard, volunteers who can eligibly understand both Japanese and a native language of passengers help tourists by giving them a briefing and tips on where and how to go sightseeing.

On June 10th, two Taiwanese students welcomed a cruise ship from their home country. One of them have repeated four times to be a part of this volunteer force since she feels that her motivation to join this activity; to act on her own initiative is fulfilled through engaging in this volunteering work. 

Hopefully, Nagasaki is honored that it’s been chosen one of the most attracting ports to drop in among all over Japan. We humbly add that this “omotenashi (hospitality)” by young volunteers counts a lot and we’ve fully established ourselves as one of the essentials when considering Nagasaki tourism.

 

南部 協働 

観光客と交流しよう!長崎まちなか道案内隊ボランティア/Nagasaki Students Volunteer Guides

日程
2019年6月9日(日)
場所
松山町、平和町、浜口町/Around Matsuyama-machi/Heiwa-machi/Hamaguchi-machi
内容

 

長崎は、大型客船が1年を通して多く訪れるまちです。そこで、学生たちがチームを作り、外国人観光客に向けて道案内をしたり、お勧めスポットの紹介などを行うボランティアを定期的に行っており、今回は韓国のGP留学生が2名参加しました。

留学生たちは特に日本の観光客の方に対して敬語を使って話しかけることに苦戦する場面もありましたが、同じボランティア仲間の日本人学生らに教えてもらいながら活動することで、彼らとの親睦が深まりました。また、この活動を通して改めて自分が住む長崎についての知識も広げることができたようです。というのも、この日は奇しくも、原爆犠牲者の慰霊、鎮魂、追悼のため、多くの日本人が浦上の平和公園付近を訪れる毎月9日のその日。歴史の重みを肌で感じ、学ぶ機会にもなりました。

 

Nagasaki ports have been bustling with foreign cruise ships and passengers throughout the year, thus Nagasaki University students have taken a lead to team up volunteer corps to welcome foreign tourists. Its activity has been run regularly and varies; showing where travelers want to go, recommending sightseeing places, and such. Then for this month, 2 Korean students of GP joined in the corps.

They had, at first, struggled with talking to tourists especially in terms of Japanese honorifics, which made them keenly feel performing “omotenashi” is quite difficult in the aspect of language. But furthermore, this was a golden opportunity for them to build friendships with Japanese fellows and deepen the knowledge on Nagasaki. For the volunteering day was unexpectedly corresponded to the “Day 9,” when many Nagasaki citizens visit and gather around the Peace Park for the monthly memory service for bomb victims, volunteer students felt its history, which was a meaningful hands-on experience indeed.

 

南部 北部 共修 

プレゼンテーション力養成講座

日程
2019年6月9日(日)
場所
長崎大学 教養教育講義棟A-11,12講義室
内容

 前回に引き続き、「プレゼンテーション力養成講座」が6月9日(日)に行われました。2回目の内容は「言語スキルトレーニング~話の組み立て方・言葉遣い」「伝わるプレゼンテーションをするコツ」「論理的に話す技法」「プレゼンテーション実践」を主に参加学生たちはプレゼンテーションについて学びました。

 特に、「論理的に話す技法」については、相手に伝えたいメッセージは何か、をもとに話を組み立てていく方法を学び、簡潔にわかりやすく相手に伝えることについて勉強しました。話したい内容を模造紙に書き出したり表にしたりする作業から、伝えたいことが整理され、より具体的にわかりやすいプレゼンテーション力を身につけることで、新たな自身を見つけ出す良い機会となった学生もいたようです。

 本講座は、来る7月7日(日)開催の『第6回GETプレゼンテーション大会』(※)(以下「大会」という。)を支援する講座としてNICEキャンパス長崎で開講されているものなので、受講生の多くは6月23日(日)の予選会にプレゼンターとして出場、または、審査する立場として参加します。

 テーマは「COLOR」。

 これまでの授業での学びを生かし、それぞれが思い描く「COLOR」についてステージで熱く語ってくれることを願っています。

 

南部 北部 共修 

プレゼンテーション力養成講座

日程
2019年6月2日(日)
場所
長崎大学 教養教育講義棟A-11,12講義室
内容

 

  6月2日(日)、単位互換制度NICEキャンパス長崎のコーディネート科目として「プレゼンテーション力養成講座」が行われました。

  講義の最初は自己紹介から。自己紹介はセルフプレゼンテーションで、いろいろな場面で行う機会があります。話す内容を限定した自己紹介を行い、その時、相手に与える印象について話し合いました。

  それから「言語スキルと非言語スキル」についての講義でした。

  プレゼンテーション力は、大学生活だけではなく、社会人になってからも必須の力となっています。それを大学生の間に身につけることは大事な学習の一つと言えるでしょう。授業の最後には、実践として自己PRを行う時間も設けられ、即実践できる技術や知識を得られた一日となったようです。

  また、中には、7月7日(日)に開催される『第6回GETプレゼンテーション大会』(※)の予選に出場することを決意した人もいます。

  同大会を含めた全4回の講義を終えるころには、全員が体系的にプレゼンの知識を身に付け、今後の様々な場面を乗り越えるための自己表現力が育っていることと思います。

 

南部 協働 

大分大学教育学部附属小学校修学旅行スタッフボランティア/Accompanying Staff Volunteer for Oita Elementary School’s Excursion

日程
2019年5月26日(日)12:30~16:30
場所
長崎市内および長崎大学文教キャンパス/Downtown Nagasaki & Bunkyo Campus, Nagasaki Univ.
内容

昨年初めての試みで実施された、修学旅行で来崎する大分大学教育学部附属小学校の6年生に付き添って英語を使いながら一緒に長崎観光をするというボランティア活動。昨年の反響が良かったため、今年も同時期に開催されることになり、24名の留学生が参加し、約90名の小学生と交流しました。

参加留学生の国籍は、イギリス、イタリア、エジプト、カナダ、ザンビア、シリア、ジンバブエ、スペイン、スリランカ、タイ、台湾、中国、バングラデシュ、ベトナム、マレーシア、レソト、と多岐に渡りました。

まずは班ごとに自己紹介。小学生は日頃学習している英語を一生けんめい使いながら自己紹介をしてくれ、留学生もそれに応えて名前や出身について話しました。

そして熱い日差しが振り注ぐ中、いざ長崎のまちへ!小学生たちがあらかじめ決めてきた観光ルートに沿って観光名所や史跡をめぐり、彼らが予習してきた各スポットの情報を英語で留学生に説明したり語りかけてくれました。

暑い一日でしたが、小学生も留学生も無事故で、全班が長崎大学の文教キャンパスに再集合。各班、英語で振り返りを行って終了となりました。

留学生の中には、留学で何年も長崎に滞在していながら、日ごろ、研究や勉強にいそがしくて意外に自分であちらこちらに出かけたことがない学生も。彼らにとっても長崎の魅力を発見する機会になったり、英語を実際に使って学ぶ小学生の姿に刺激を受けたそうで、逆に多くのことを学びました。

長崎大学が多様な留学生の人材の宝庫であることから、グローバル人材育成に定評のある同小学校が修学旅行の一環でこのようなプログラムを今年もリピートされたことに感謝するとともに、またどこかでいつか再会できることを楽しみにしています。

 

As a part of the excursion of Oita Elementary School 6th graders, there planned an itinerary for children to give non-native Japanese an English tour around Nagasaki tourist spots. Actually, this group-tour English studying program with foreigners had been successfully carried out following last year’s one since it caught on among those concerned with the school in 2018. 

This year, two dozens exchange students of whom some out of GP members volunteered to be kids’ English practice partners accompanying and strolling together.

In the afternoon on Sunday, May 25th, they got together to meet about 90 pupils at the venue. Kids were already divided into some groups and 2 -3 volunteers were assigned to each group. Then self-intro time kicked off. It was impressive that kids were very good at using English to introduce themselves!

After warming up and breaking the ice, each group headed to each destination along each plan which was designed beforehand by pupils. For some international students, though they’ve stayed Nagasaki for many years, it turned out to be a golden opportunity to visit popular tourist attractions and historical sites they’ve never dropped in before since they don’t usually have plenty of time to do so due to their busy everyday with studies and researches at uni. More to say, this time, sweet and smart little kids guides offered comments and well organized information in English! 

Needless to say, kids’ behavior to practice their English skills as much as they can and hardworking attitude touched student volunteers as well.

Thankfully, this initiative has just proved that Nagasaki bears a goldmine with many fellows of diverse backgrounds. 

GP appreciates that the Oita elementary school makes good use of this Nagasaki’s remarkable resources of both academic and personnel every year and hope to welcome the pupils again in the future!!

 

南部 協働 

クルーズ客船通訳ボランティア(中国語)/Volunteer Guide Interpreter for Cruise Ship Passengers from Taiwan

日程
2019年5月26日(日)07:30~11:00
場所
松ヶ枝国際ターミナルビル内の観光案内所/Nagasaki Port Matsugae International Cruise Ship Terminal
内容

毎年定期的に開催されるクルーズ客船受入れ時の通訳ボランティア。

今年もたくさんの外国からのクルーズ船が寄港するとのことで、留学生がボランティアとして参加しました。

5月はほぼ毎週のように台湾からの客船が寄港します。26日は4名の台湾国籍留学生が朝早くから長崎港でスタンバイし、下船してくる台湾のお客様を迎え入れました。

台湾の方以外にも、東南アジア系の方や客船乗務員も下船して暫しの長崎観光をされたそうで、参加したボランティア留学生は、母国語だけでなく得意の英語も発揮して多くの方に対応し、喜んでいただけました。

Here in Nagasaki, there is a cruise ships doc at Matsugae Pier and many international cruise ships call at this port every year.

Then, GP regularly recruits volunteer guide interpreters for cruise ship passengers, upon taking on a request from Nagasaki city who manages the cruise ship port call schedule.

Cruise ship passengers are given certain amount of time to disembark and travel around a destination’s tourist attractions once a ship drops in a port. In this regard, volunteers who can eligibly understand both Japanese and a native language of passengers help tourists by giving them a briefing and tips on where and how to go sightseeing.

On May 26th, four Taiwanese students welcomed a gigantic cruise ship from Taiwan carrying huge mass of passengers, not only Taiwanese but some from southeastern countries. They played an important role both in Taiwanese and English. Cruise ship crew also appreciated the volunteer students’ “omotenashi” as well. 

 

南部 協働 

V・ファーレン長崎ホームゲームスタッフボランティア/V Varen Nagasaki Home Game Staff Volunteer

日程
2019年5月25日(土)09:50~18:00
場所
トランスコスモススタジアム長崎(諫早市)/Transcosmos Stadium in Isahaya city
内容

毎月、Vファーレン長崎のホームゲームに携わるさまざまな業務を手伝う「Vファーレン長崎スタッフボランティア」というお馴染みの活動ですが、今回は「Vファーレン長崎 ボランティア体験バス」という名前で、同ボランティアに初めて参加する学生を対象にした特別版が企画されました。

通常のVファーレン長崎ホームゲームボランティアと異なり、長崎大学からバスで諫早のホームスタジアムまで無料送迎付き!しかも、同チーム社長の高田明氏(ジャパネットたかた元社長)からのお話が聞けたり、場内自由見学、さらには自由席からの試合観戦などの特典がたくさん付いた活動になりました!(試合終了後には場内の片付けや清掃の手伝いなど、ボランティアとして裏方業務もちゃんと含まれており、みんなで頑張りました!)

GPからは留学生4名を含む数名が参加。留学生からは「社長の話を直接聞いて、日本や長崎のサッカーを全員で盛り上げようという雰囲気が感じられて有意義だった」「日本語に不安を抱きながら参加したけど、英語で通訳してくれる日本人学生とすぐに友達になれて、色んな場面で助けてもらって嬉しかった」と感想の声が寄せられました。

スポーツは言語や国籍を超えて一緒に熱中できたり取り組めるものであることを再認識する機会になりました。

また、今回の特別版に参加したことで、学生の中にもたくさんのVファーレンサポーターや今後のボランティア常連メンバーが増えることが期待されます。

 

Here in Nagasaki, we have a professional soccer team called "V-VAREN NAGASAKI" and it is one of vigorous teams of Japan League (J-2). 

When it takes on its rival teams on its home field, Isahaya stadium, such as once or twice in a month, it calls for many home game volunteers to successfully run games. Participant students usually join in task force such as logistics, trash collecting, set-up/breakdown, greeting stations, and so forth.

But thanks to kindness of the V-Varen Nagasaki’s administrative team this time, the team offered us a special opportunity for students, especially first-time volunteer fellows, to experience the home stadium atmosphere. There prepared a speech of the team’s president, Mr. Takata, free time to stroll and hang around the stadium, and invitation to unreserved seats to watch the match!!

(As long as this initiative was named as “V-Varen Nagasaki Home Game Staff Volunteer,” participants worked on tidying and cleaning up the stadium after the match, more or less!)

Furthermore, it’s noteworthy to say that a free charter bus was arranged to carry all the volunteer students between uni and the stadium! They usually need to go to the stadium on their own, which is always a big hurdle for students living in Nagasaki city and exchange students who are quite unfamiliar to Isahaya to participate in this volunteer activity. 

Then 4 foreign mates from GP member hopefully joined in with other Japanese buddies, and they got honored to meet the president, excited to feel the swelling air of V-Varen supporters, and impressed by how people work together in backstage to make this big game happen.

Even though it was challenging to participate in for some whose Japanese-ability was fairly basic, they soon got built friendships regardless of languages and nationalities. Sport event activity definitely proved that language barrier was always broken down amid mingling and sweating together.

And it’s no doubt that proud and affection toward Nagasaki and its representative team have been nurtured among youths, owing to this special opportunity.

 

南部 GETプログラム 

カフェトーク/Cafe Talk

日程
2019年5月21日(火)18:00~19:00
場所
長崎大学文教キャンパス 学生交流プラザ/Student Community Plaza, Nagasaki Univ.
内容

5/21(火)は長崎大学の学生交流プラザでカフェトークを開催しました。

“初の1年生企画”ということで、先輩たちからいろんなアドバイスをもらいながら企画を練った1年生たち。参加者が楽しんで会話を進めるためにどんな工夫をすればいいか、を考えて、「Guess what’s in the Box??」(箱の中身はな〜んだ??)というゲームを思いつきました。

「箱の中身はなぁ~に?」というこのゲーム。けん玉やコマ、将棋、お箸など日本らしい物を箱の中に入れ、代表者が1人、箱の中に手を入れます。周りで見ている学生は「どんな形?」「重さは?」「どんな感触?」とどんどん質問を投げかけ、触った人は英語でどんなものかを説明します。

中に入ったものを触る人も当てる人も、中に何が入っているのかわからず、たくさんのヒントを出し合いながら盛り上がりました。正解が出た時にはみんなで思わず拍手!

楽しいひと時を過ごしました。

 

ゲーム終了後は、『あそび』をテーマに各グループでカフェトークを行いました!

今回は、純心高校の生徒さんも15名参加してくれ、留学生・大学生にとっても新鮮で、高校生ともたくさん話ができるいい機会になりました

 

来月は6月11日(火)にカフェトークを開催します!

みなさんぜひお越しください!!

 

“Café Talk*” is a monthly event of GP and its newly joined freshmen member students took initiative to plan and arrange this month’s “Café Talk,” which went a nut!!

Being a debut event for those freshmen, they were full of spirit with many ideas and plans to make this event international and participant-friendly.

Finally, the game “Guess what’s in the Box??” was held as a highlighted icebreaker!

 

In a container, there was beforehand placed many Japanese traditional and staple “Japan-like” toys and stationary. International participant students were asked to stick their hands into a box to see if they can determine what objects they were in a box.

What made this game more thrilled but funnier was that the sensory boxes didn’t have any windows so that the audience could also had no idea what were placed inside. 

They got excited to see international students being puzzled or surprised while fingering objects in boxes but they themselves had to guess what the objects were.

“Is it round?”  - “Yes, but very small and it has a short stick onto it.”

“Soft?” –“No. It feels like a mushroom, though.”

“What about the weight?” –“Very light!”

“Is it Koma (a spinning top)??”

They threw many kinds of questions to foreign students in English and tried getting closer to “BINGO”!

 

Following the game, participants were divided into several groups and enjoyed talking about objects of games from all over the world, that have been traditionally played and stand the test of time.

Actually, some of Japanese traditional toys bear strong resemblance to something played in a popular game in some other Asian countries. How interesting.

 

This café talk is usually open to everybody besides uni/college mates but a neighboring high school students heard the reputation and bustling of GP Café Talk, and a dozen of upper school girls visited and joined us this time!

 

Thank you all for coming to GP Café Talk and looking forward to seeing you again next month! 

 

*”Café Talk” is a round-table chatting where participants talk over themes given. It aims to promote interaction among students regardless of schools, gender, faculties, ages, and nationalities, while chatting freely as if they do just like at a café. 

 

南部 北部 共修 

グローカルリーダー育成基礎講座~基盤となる力とその育成~

日程
2019年5月18日(土)~5月19日(日)
場所
長崎大学、サテライト長崎会場(大波止ビル7F)、日吉自然の家 
内容

まず18日(土)は、10:30~16:00の間、サテライト長崎会場の大波止ビルにて授業が行われました。

 

外部からグローバル人材、また、地域人として県内企業やNPO、教育現場で活躍する関係者4名(※1)を講師に招いて、それぞれが求める資質や能力について講演いただきました。

講師の方々からは、「まずはいろんな人と関わり、視野を広げて興味を持つことが大切である」、「ちょっとした勇気や笑顔は人に伝染し、必ず仲間は集まる!」といった心強いメッセージとともに学生たちの背中を押してくれるようなお話をたくさんしていただきました。

続いてのグループ協議は各テーブルに講師も交え、講師の知見や経験談により深く触れて刺激を受けた学生たちは、「グローカルリーダーとしてこうなりたい」「こうあるべき」という意見を活発に交換させました。

 

夕方には、その晩の宿泊所となる日吉自然の家に移動し、夕食をとって授業再開!

共修事業の一環として6月23日(予選)と7月7日(本選)に開催されるプレゼンテーション大会(※2)で実施する企画について検討し、提案したところで1日目が終わりました。

 

2日目は、1日目の企画検討の続きをグループごとに行いました。また、今後、自分が企画し、実現したい「自主企画」について各自で考え、実施に向けた検討をそれぞれが考えました。

 

この2日間で、プレゼン大会の企画についての協議、グローカル人材を目指した企画立案など、ミクロ、マクロ両方の視点から現状分析をした上で、提案やグループ内での意見の調整、検討、そして発表を行うという、実践的な演習が行われました。

合宿形式での授業ということもあり、寝食を共にしてすっかり意気投合した受講生たち「グローカルリーダーを目指す同志」意識もしっかり育まれました。

 

いよいよ次回6月22日からはプレゼンテーション大会へ向けた実践です。

 

 (※1)外部講師(敬称略)

・安永 友紀   ブルーライトinかわたな(川棚町役場)

・岩坪 正裕   県立長崎東高等学校

・境 宗徳    長崎大学地方創生推進本部

・鯖江 康裕   (株)PAL構造 建築設計部